米倉涼子


シカゴ』(Chicago)は、ジョン・カンダー作曲、フレッド・エッブ作詞、フレッド・エッブおよびボブ・フォッシー脚本によるアメリカ合衆国のミュージカル。禁酒法時代のイリノイ州シカゴを舞台に、記者のモウリン・ダラス・ワトキンスが調査した実際の犯罪および犯罪者を題材にした演劇『シカゴ
62キロバイト (6,732 語) - 2022年8月11日 (木) 18:17
米倉涼子 ドクターストップで今秋上演のブロードウェイミュージカル「シカゴ」降板
1 鉄チーズ烏 ★ :[ここ壊れてます] .net
女優の米倉涼子(47)がこの秋に主演することが決まっていたブロードウェーミュージカル「シカゴ」のブロードウェイ公演および日本凱旋公演を降板することが28日、分かった。この日、主催者側が発表したもので、理由は「急性腰痛症及び仙腸関節障害による運動機能障害」でドクターストップがかかった。
 発表では「この度、ブロードウェイミュージカル「CHICAGO』のブロードウェイ公演、並びに来日公演に出演を予定しておりました米倉涼子さんですが、『急性腰痛症及び仙腸関節障害による運動機能障害』により舞台出演へのドクターストップがかかり、降板することになりました」と説明。「出演を楽しみにお待ちいただいていた皆様、関係者の皆様には、大変ご迷惑及びご心配をおかけして申し訳ございません」と謝罪した。
 「なお、本公演は引き続きブロードウェイ25周年記念トリビュート、CHICAGOオールスターズ・カンパニーとして、ロンドン・ウエストエンドのキャストを中心に世界ツアーを続ける実力派メンバーでお届けいたします。皆さまには引き続きご声援を賜りますよう、お願い申し上げます」と呼びかけた。なお、出演者変更に伴い、希望者にはチケットの払い戻しの対応も実施する。
 米倉は「ここ数か月毎日悩まされていた激痛がなかなか改善されず、身も心も出演準備にすら至らなかったのが本音です」と苦しみを吐露。「今回お医者さまより身体的負荷の高い舞台出演は難しいという診断を受けました」とドクターストップを明かした。
 「それでもCHICAGOという夢の舞台の25周年記念公演、何としても出演したくて出来る限りのトレーニングと治療を日々頑張ってきたのですが、観てくださる方の心を揺さぶるコンディションには到底値しておらず、この度の苦渋の決断が大変悔しく、本当に残念です」と悔しさをにじませ、「公演を心待ちにしてくださっていた皆様、関わってくださっていた全てのスタッフの皆様に、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。
 「私は志半ばで止む無く降板しますが、この作品はコロナ禍も越えて、アメリカのミュージカルとしてはBroadwayで最長上演記録を更新しています。その記念すべき公演を是非お楽しみ頂きたいですし、公演の成功を祈っています」とカンパニーにエール。「私自身は、この作品での次なる挑戦に向かってゆっくりまた歩きだしていきたいと思います」と前を向いた。
 米倉は日本人女優初となる4度目となるブロードウェー公演(ニューヨーク・アンバサダー劇場)は11月7~20日、日本凱旋公演(東京国際フォーラム)は12月14~31日で出演を予定していた。米倉にとって今年がブロードウェーデビュー10周年の節目となる記念すべき公演となる予定だった。
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/09/28/kiji/20220928s00041000373000c.html

(出典 www.sponichi.co.jp)

【【女優】米倉涼子 今秋上演のブロードウェイミュージカル「シカゴ」降板 急性腰痛症及び仙腸関節障害でドクターストップ】の続きを読む


Amazon.com (アマゾン・コムからのリダイレクト)
2007年6月、「ベビー&マタニティ」ストアをオープン。初の会員制プログラム「Amazon プライム」を開始。 2007年8月28日、丸善と Amazon.co.jp による共同ブランドストア「丸善オンラインストア」を開始。 2007年10月、物流センター「アマゾン八千代 FC(フルフィルメントセンター)」を開業。
69キロバイト (8,797 語) - 2022年8月19日 (金) 09:30
1 愛の戦士 ★ :[ここ壊れてます] .net
カギを握る“配信ドラマ”
 主演の米倉がイメージの固定化を嫌うため――。毎度、判で押したように続編の制作が危ぶまれながらも放送が続いてきたドラマ「ドクターX」シリーズ(テレビ朝日系列)。だが、今度こそ、本当に……。
 ***
 昨年10月の放送でシリーズ第7作を数えることになった「ドクターX」で、すっかり“失敗しない女”のイメージが定着した女優の米倉涼子(47)。そんな米倉にも、ようやく“イメージ刷新”のチャンスが訪れたそう。
 ある民放プロデューサーが言う。
「今年3月末、動画配信の世界的大手であるアマゾンプライムビデオが、日本でノンフィクション作家・佐々涼子さんの『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』という作品をドラマ化すると発表しました。キャストなど詳細は明かされませんでしたが、実はこの作品の主演に米倉が内定しているんです」
米倉が切望した“社会派ドラマ”
「エンジェルフライト」は、異国で命を落とした人の遺体を故国へ送りとどけるという実在の職業を描いたノンフィクション。映像化作品も、重厚な“社会派ドラマ”となる見込みという。
「この“社会派”こそまさに米倉さんがやりたかったこと。1999年にモデルから女優に転身した彼女は、5年後に社会派の代名詞ともいえる松本清張の『黒革の手帖』に出合い、硬派女優としての評価を高くした。ところが、この清張作品を手掛けた女性プロデューサーが2012年に制作したのが『ドクターX』。かつて所属していたオスカープロモーションの古賀誠一会長が持ち込んだ企画だったこともあり、気付けば第7シリーズまで続けることになってしまったというわけです」(同)
「ギャラが倍」
 10年間にわたる「ドクターX」で染み付いたイメージを脱ぎ捨てようともくむ米倉。だが、その野望は“社会派女優”の名声だけにとどまらないんだとか。
「米倉さんといえば、12年にブロードウェイのミュージカル『シカゴ』に出演し、今年11月には4度目となる公演が予定されている。海外の現場がよほど楽しいのか、彼女は“世界中で配信される『エンジェルフライト』をきっかけに海外ドラマのオファーが来ないかな”と嬉しそうに周囲に話しているそうです」(同)
 今年1月には同じく配信大手のネットフリックスがリリースした「新聞記者」に出演した米倉。配信ドラマにこだわるのには、こんな理由も見え隠れする。
「20年にオスカーを独立し個人事務所を設立しましたが、稼ぎ頭は米倉一人ですから、金銭的な心配は尽きない。その点、配信ドラマのギャラは地上波の倍といわれ、米倉には1話あたり1千万円近くが支払われている。この潤沢なギャラを原資に、海外ドラマのオファーを気長に待ちたいのがホンネなのでは」(同)
 奇しくも今年6月には「ドクターX」の女性プロデューサーがテレ朝の取締役に就任。タッグを組んだ“相棒”も現場を離れ、晴れてイメージ脱却となるか。
「週刊新潮」2022年9月1日号 掲載
デイリー新潮
https://news.yahoo.co.jp/articles/36b26994f231704f618ddb036ece3da79b06c0df

【【芸能】米倉涼子がアマゾンプライムドラマの主演に内定 周囲に「海外ドラマのオファーが来ないかな」】の続きを読む

このページのトップヘ