平手友梨奈


moris1022の2018年6月19日のツイート、2018年6月21日閲覧。 ^ “ショートアニメ『ゴールデン道画劇場』#10「カムイ大爆笑編」を1週間限定公開!!”. TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイト (2018年6月19日). 2018年6月21日閲覧。 ^…
287キロバイト (43,410 語) - 2022年9月23日 (金) 11:40
平手友梨奈 『ゴールデンカムイ』実写映画ヒロインを断っていた
1 muffin ★ :2022/10/01(土) 17:37:31.60ID:CAP_USER9
「4月19日、大人気漫画『ゴールデンカムイ』が実写映画化されることが発表されましたが、メインキャストが徐々に決まりつつあるようです」(制作会社関係者)
2014年8月より『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載がスタートした野田サトル氏による『ゴールデンカムイ』は、明治末期の北海道を舞台に、アイヌが遺したという大金を手に入れるため、日露戦争の死線を潜り抜けた元軍人の杉元佐一が、アイヌの美少女・アシリパと行動をともにし、一攫千金を夢みる物語。
これまでテレビアニメが3期にわたって放送され、10月3日からは4期がスタート予定。「マンガ大賞2016」など数々の漫画賞を受賞したほか、2019年5月にイギリス・ロンドンの大英博物館で行なわれた漫画展「The Citi exhibition Manga」ではキービジュアルに採用されるなど、世界的な人気作品となっている。
「実写化が発表されると、特に杉元佐一を誰が演じることになるのかファンの間では議論が白熱。杉元は元軍人で筋肉隆々なので、TOKIOの長瀬智也さん(43)や鈴木亮平さん(39)に演じてほしいという声が盛り上がりをみせました。そんな中、佐一役の本命には山崎賢人さん(28)の名前が挙がっているといいますね」(前同)
中略
前出の制作会社関係者が続ける。
アイヌの美少女・アシリパ役には当初、平手友梨奈さん(21)にオファーがされたそうですよ。しかし、平手さんサイドに断られたそうです。それで、いま勢いに乗り、ドラマや映画で人気俳優との共演が増えている別の若手女優に決まりつつあると聞こえてきていますね。
それにしても、平手さんが世界的なヒット作になる可能性もある『ゴールデンカムイ』のメインキャラクターを断ったというのは驚きですよね」
平手が出演する『六本木クラス』(テレビ朝日系)が9月29日に最終回を迎えたが、彼女は同作への出演を熱望。ドラマに出演するためにそれまで所属していた事務所を退所し、新事務所に移籍したほどだった。
芸能プロ関係者は話す。
「平手さんは“自身が演じる価値があるかどうか”を判断して、作品に出演するかを決めるこだわりの人だといいます。『六本木クラス』も脚本を読んで“出たい”となったのではないでしょうか。
『ゴールデンカムイ』は大ヒット漫画で、映画も世界的なヒットになることは間違いないでしょう。ただ、“アシリパ役を自分が演じるのは違う”と考えた結果、せっかくのオファーだったものの断ったのかもしれないですよね」
全文はソースをご覧ください
https://taishu.jp/articles/-/104592?page=1
【【芸能】平手友梨奈が大ヒット漫画『ゴールデンカムイ』実写映画ヒロインを断っていた】の続きを読む


平手 友梨奈(ひらて ゆりな、2001年〈平成13年〉6月25日 - )は、日本の女優、モデル、歌手、ダンサー。女性アイドルグループ・欅坂46の元メンバーである。愛知県出身。身長163 cm。血液型はO型。Seed & Flower合同会社所属。所属レーベルはSony Records。愛称は、てち。
62キロバイト (7,999 語) - 2022年9月4日 (日) 00:05
平手友梨奈 六本木クラスで反響! 「表現が抜群すぎる」「あんな表情できひんやん」
1 冬月記者 ★ :2022/08/27(土) 23:12:01.51 ID:CAP_USER9.net
 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第8話が8月25日に放送された。同話では、葵(平手友梨奈さん)が、龍河(早乙女太一さん)の自白を引き出し、思いを寄せる新(竹内さん)の“仇(あだ)討ち”に成功。葵が「死ぬほど愛している」新を思い、龍河に見せた怒りの表情に視聴者から反響の声が次々に上がった。
 第8話は、「長屋ホールディングス」会長の茂(香川照之さん)の息子で、常務の龍河が、新の店「二代目みやべ」の天才マネジャーの葵を長屋にスカウトして……と展開した。
 龍河は新の高校の同級生で、当時、新の父・信二(光石研さん)をひき逃げであやめたが、茂の“権威”で事件はもみ消された。龍河自身、新のことを嫌悪しており、葵に「『みやべ』なんかどうせすぐに潰れる。誰につくかで人生大きく変わるんだよ」「ガキなんだよな新は」などと新をバカにする。
 「私もあの人の頭の固さにはうんざりなんですよね」「常務がその気になったら、『みやべ』なんてすぐ潰される……」と応える葵。龍河は良い気分になっていき、だんだんと口を滑らしていく。
 葵は、信二のひき逃げ事件についても切り出し、龍河は「俺は確かにあいつの父親を車でひいた。即死だったよ。でも、別のやつを刑務所にぶち込んで終了。簡単、簡単、簡単だよ。また新は今でも復讐(ふくしゅう)するとかほざいてるけど。家畜がいくらあがいても無駄なんだよ……」と邪悪な笑みを浮かべた。
 「ハーイ。オッケーでーす」とスマホを取り出す葵。初めから、葵は龍河の言葉をスマホでひそかに録音していた。「今までいろんな人に会ってきたけど、あんたみたいな間抜け、初めて見た」と、龍河を冷たく見る。
 「お前……!」と怒りに震える龍河。葵は「しーっ」と諭し、「私は社長を死ぬほど愛している。でも問題は、社長の頭はいつも忌まわしい長屋のことでいっぱいだってこと。虫ケラみたいなあんたたちに!」と怒りの表情を見せた。その後は、ひき逃げ事件の真実が世に明るみに出て、長屋は窮地に陥った。
 SNSでは、平手さんに対し、「この子は本当に怒りの表現が抜群すぎる」「平手友梨奈ちゃんの演技力やばない??? あんな表情普通に生きてたらできひんやん」「表情と目の変化がエゲツない」「表情の切り替えがとても良い」といった称賛の声が次々と上がっていた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/81a28af471ad6832cdff79ae29492d942ce3a348

【【芸能】ドラマ『六本木クラス』 “葵” 平手友梨奈の怒りの表情に視聴者 「表現が抜群すぎる」「あんな表情できひんやん」】の続きを読む

このページのトップヘ