大谷翔平



(出典 baseballking.jp)
4年連続スタメン出場の大谷選手、オールスターゲームで初アーチ
1 フォーエバー ★ :2024/07/17(水) 10:53:33.46 ID:5Ugn8pGj9
 メジャーリーグのオールスターゲームで、ドジャースの大谷翔平選手が初ホームランを放ちました。

 大谷選手はナショナル・リーグの「2番・指名打者」で先発出場。3回の第二打席にランナー二人を置いてライトスタンドにスリーランホームランを放ちました。

 4年連続スタメン出場の大谷選手が、オールスターゲームでホームランを打つのは初めてです。(ANNニュース)

ABEMA TIMES
https://news.yahoo.co.jp/articles/7e2adc8e333680adc55706ebf80ab71e95b79c8c

【【MLB】4年連続スタメン出場の大谷選手、オールスターゲームで初アーチ】の続きを読む



(出典 full-count.jp)
大谷翔平、ロス五輪は「出たい気持ちはある」 明かした思い「野球界にとっても大事」 2大会ぶりに競技が復帰
1 冬月記者 ★ :2024/07/16(火) 22:56:14.52 ID:yx+f3rcC9
2大会ぶりに競技が復帰「普段野球を見ない人たちも見る機会は増える」

 ドジャース・大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、米テキサス州アーリントンでオールスターゲームの前日会見に臨んだ。2028年のロサンゼルス五輪について、「出たい気持ちはもちろんある」と思いを明かした。 

「国際大会は特別だし、オリンピックは特別だと思うので。特にオリンピックは他の、普段野球を見ない人たちも見る機会は当然増えてくるので。野球界にとっても大事かなと思うので。個人的にも出てみたいなと思っています」

 ロサンゼルス五輪では、2021年東京五輪以来、2大会ぶりに「野球・ソフトボール」が追加競技として登録された。現時点でメジャーリーガーの参加は決まっていない。

 ロブ・マンフレッドMLBコミッショナーに要望したかについて問われると、「現時点ではないですね。そんなにすぐ会う頻度が多くないので。簡単に話せることではないかなと思います」と話した。

 ドジャース1年目の今季は前半戦を終え打率.316、29本塁打、69打点をマーク。3冠王や史上初の50本塁打、30盗塁も射程圏内となっている。16日(同17日)に行われるオールスターゲームでナ・リーグの「2番・指名打者」で先発出場する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/533239cc914d168f24b4c8f31e00f77ba6599a14

【【野球】大谷翔平、ロス五輪は「出たい気持ちはある」 明かした思い「野球界にとっても大事」 2大会ぶりに競技が復帰】の続きを読む



(出典 times-abema.ismcdn.jp)
大谷翔平が日本人初のメジャー通算200号達成! 6戦ぶり勝ち越し29号で4年連続30号にも王手
1 冬月記者 ★ :2024/07/14(日) 03:44:10.81 ID:oHGEDjRS9
 ドジャース・大谷翔平投手(30)が13日(日本時間14日)、敵地・タイガース戦に「1番・指名打者」でスタメン出場し、6試合ぶりの本塁打となる29号ソロを放ち、日本人初のメジャー通算200号を達成した。

 2―2で同点の5回先頭の3打席目に、先発右腕・モンテロのチェンジアップを右翼ポール際へ運んだ。

 前日12日(同13日)の敵地・タイガース戦では、同点の9回2死一、三塁の5打席目に決勝打となる勝ち越しの適時二塁打。中堅フェンス手前でワンバウンドしてスタンドに入るエンタイトル二塁打で試合を決めた。

 確信歩きを見せたが本塁打にはならず5打数1安打だったが、貴重な一打で4連敗中だったチームを救い「連敗中なのでなかなかタフな試合が続いてましたし、何とか切って、まずいい流れを持ってくるというのが大事だと思うので。シリーズの初戦を取れたのがまず大きいなとは思います」とうなずいていた。この日も1打席目にいきなり右翼線へ三塁打。先取点となるホームを踏んだ。

 再び勢いに乗っていきたい。6月は12本塁打を放つなど絶好調が続いていたが、7月に入ってからは調子がやや下降。

 4、5日(同5、6日)には日米通じて自己ワーストの6打席連続三振を喫し、今季最長の15打席連続無安打もあったが、6日(同7日)に4試合ぶりの本塁打で、30歳初アーチとなる28号ダメ押しソロを放つと、その後5試合は本塁打がなかったが、その間4試合連続安打&4試合連続盗塁をマークするなど、離脱者が続出する苦しいチーム内でしっかりと仕事は果たしていた。

 本塁打キングを独走する29号。チーム96試合目での29本塁打は、レギュラーシーズン162試合に換算すると、48・9発ペースだ。

 自己最多21年の46本、本塁打王になった23年44本を上回り、日本人初となる50本にも手の届くペースとなっている。

 前日終了時点で本塁打がリーグトップで、打率が2位、打点と盗塁が3位。三冠王、トリプルスリーも視野に捉えている。これまでも多くの偉業を成し遂げた大谷だが、通過点とはいえ、米通算200本塁打という新たな勲章が加わった6月は月間MVPこそ逃したが、リーグトップの12本塁打、24打点。

 7月はややペースが落ちたが11戦で3発目となった。この試合を含めて、オールスター前の前半戦は2試合。前半戦最後のスパートをかけていく。

 日本人のメジャー通算本塁打数上位
(1)200 大谷翔平
(2)175 松井秀喜
(3)117 イチロー
(4)48  城島健司
(5)46  鈴木誠也
(6)44  井口資仁
(7)42  福留孝介
https://news.yahoo.co.jp/articles/dff428c316e55ba844d8a0d9b96eef254c0a8b4b
動画
https://x.com/MLB/status/1812189949430546630?t=i2NYRvzhjE1k6czJEAYOXA&s=19

【【速報】大谷翔平が日本人初のメジャー通算200号達成! 6戦ぶり勝ち越し29号で4年連続30号にも王手】の続きを読む



(出典 www.jiji.com)
連敗止めた!大谷翔平が9回に決勝打!ドジャース5試合ぶり勝利に笑顔
1 フォーエバー ★ :2024/07/13(土) 10:44:28.00 ID:rS+JPbXx9
 ドジャースの大谷翔平投手(30)が12日(日本時間13日)、敵地でのタイガース戦に「1番・DH」で先発出場。9回に決勝打を放つなど5打数1安打1打点でチームの勝利に貢献した。

 100マイル超の速球を持ち、今季10勝3敗でサイ・ヤング賞候補に挙がる相手先発左腕・スクバルに対し初回の第1打席は97・5マイル(約156・9キロ)のシンカーで三ゴロに打ち取られた。

 3回の第2打席も中飛に倒れると、5回の第3打席も左飛に終わりスクバルには3打数無安打だった。

 2-3の8回の第4打席は相手3番手・ブリースキーの外角チェンジアップにバットが空を切り空振り三振。敵地ファンは大歓声でブリースキーを称えた。

 それでも3-3の9回2死一、三塁と絶好の勝ち越し機で相手5番手・ホルトンの内寄りシンカーをフルスイング。打球は大きな弧を描き中堅方向へ伸びた。大谷は“確信歩き”で一塁ベースに向かったが、打球はフェンス手前でワンバウンドしてからスタンドへ。惜しくも日本選手初の200号とはならなかったが、三塁走者・テーラーを生還させ、勝ち越し点をゲット。これが決勝打となった。

 ドジャースは先発・パクストンが2回までに3失点。それでも4回にフリーマンが14号ソロで反撃ののろしをあげると、この回、パヘスにも適時打が飛び出し、2-3と1点差に迫った。

 8回2死一、三塁ではT・ヘルナンデスが右前適時打を放ち、終盤に試合を振り出しに戻し、大谷の決勝打につなげ、連敗を4で止めた。

スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/45aa9ab2d619648d8f5cbc0ec3fb04ea918e3707

【【MLB】連敗止めた!大谷翔平が9回に決勝打!ドジャース5試合ぶり勝利に笑顔】の続きを読む



(出典 image.news.livedoor.com)
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/07/11(木) 07:38:48.80 ID:20ARMsqI9
 ドジャース・大谷翔平(30才)がロサンゼルスの郊外に12億円の豪邸を購入していたことが明らかになってから約1か月半。大谷は新居について苦渋の決断を下したという。

 発端は一部テレビ局の“暴走”だった。5月下旬、地元紙『ロサンゼルス・タイムズ』によって、大谷が購入した「12億円豪邸」の存在が明らかになると、新聞各紙やテレビ各局もこぞって報道。そんな中、大谷サイドとフジテレビ・日本テレビとの間でトラブルが勃発した。両社は新居の前からレポーターが中継するなど、住所がわかるような形で報道したため、大谷の逆鱗に触れたのだ。

「特にひどかったのはフジテレビ。5月23日放送の『Live News イット!』では、男性レポーターが鬱蒼とした木々の隙間から見える敷地内のバスケットボールコートまで盗み撮り。大谷選手が隣人となることを知らなかった近隣住民たちにまで直撃インタビューを敢行し、大谷選手の新居の情報を大々的に拡散したのです」(在米ジャーナリスト)

 一時は、大谷が球団を通して両社に対し、取材パスを返還するように求める事態にまで発展したと報じられた。プライベートを過度に晒す報道に、世間からの批判も殺到。日本テレビはいまだ沈黙を貫いているが、フジテレビは番組内のみならず、港浩一社長が定例会見で謝罪コメントを出すに至った。

 球団関係者によれば、大谷はせっかく購入した12億円豪邸についても「もうあそこには住めない」と話し、新居に引っ越さないまま売却する意向を示しているというのだ。

 実際、購入が伝えられて約1か月半が経とうとしているが、大谷がその新居に引っ越す様子はない。

「現状、家の持ち主はまだ大谷選手の不動産管理会社『デコピンLLC』となっていますが、売却の方向で調整しているそうです。引っ越し前から情報が漏れてしまったという経緯もあり、大谷選手サイドは不動産会社の情報管理体制に不信感を抱いた。『責任を持って売却先を探してほしい』と要望していると聞いています。不動産会社もこんな事態になるとは予想もしておらず、大谷選手の怒りを感じ取って随分慌てているとか」(前出・球団関係者)

 大谷が神経質になるのは無理もない。いまロスでは、集団強盗が急増して社会問題になっているからだ。

 特に狙われているのがセレブ層で、大谷の同僚たちも被害に遭っている。

「主力のひとりであるマンシー選手は、試合後、家族と一緒にスタジアムから帰る道中に車の中で携帯電話に入れてあったセキュリティーシステムのアラームが鳴った。防犯カメラには複数の犯人が自宅に侵入して室内を物色している様子が映っていたといいます。

 野球選手は遠征が多く、自宅に妻子を残していくことも多い。身近で怖い思いをしている同僚たちの話を聞けば、間取りから住所まで世界中に知れ渡ってしまった新居に越したくないと思うのは当然のことですよ」(前出・在米ジャーナリスト)

 11日発売の『女性セブン』では、一時は観光名所のようにもなった大谷の新居の現状、球場に姿を見せなくなった真美子夫人の“異変”などについて詳報している。

女性セブン
https://www.news-postseven.com/archives/20240711_1976881.html?DETAIL

【《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か】の続きを読む

このページのトップヘ