タイムライン



(出典 www.businessinsider.jp)
X「返信・リポスト・いいね」の数を非表示に マスク氏が宣言
1 少考さん ★ :2023/10/07(土) 14:51:06.74 ID:VJo06Kyb9
イーロン・マスクは、X(旧ツイッター)のタイムラインに表示するものを減らし「よりクリーンな」見た目にするという新ビジョンを掲げている。そのためには、基本的な機能や使い勝手が犠牲になることもいとわない。ニュース記事の見出し削除に続き、今度は返信やリポスト(リツイート)、いいねのデータをタイムラインから削除する予定だ。

マスクは今週、記事へのリンクを含む投稿でこれまで表示していた記事の見出しと本文の一部を削除し、左端に小さくドメイン名のみを表示した画像だけを残すという仕様変更を行った。これはマスクがかねて宣言していたもので、見た目をすっきりさせることが目的とされる。またマスクの支持者たちは、これにより、紛らわしいタイトルなどでクリックを誘発する「クリックベイト」も減らせると主張している。

もちろん、実際にはその逆だ。この仕様変更により、実際の記事内容とはまったく異なるテキストをつけて、あたかもリンク先の記事の内容を説明するような投稿が自由にできるようになった。
(略)
だがマスクは、これでもまだ足りないと言わんばかりに、今度はタイムライン上の投稿から返信とリポスト、いいねの数を削除し、自身が追加した無意味な指標である「表示」回数だけを残すつもりだと宣言した。

マスクは、サブスクライバー限定の投稿でまず、最近の記事リンクに関する変更について「くどいテキストが表示される醜いURLカードを見せられ、私は目から血を出していた。これでとても良くなった!」とコメント。「次は、メインのタイムラインから、不必要なインタラクション回数のあるアクションボタンをすべて削除する。投稿をタップしない限り、表示回数だけが表示される。これにより、読みやすさが大幅に向上する」と投稿している。
https://x.com/xDaily/status/1710154397513388444

削除するのが数字だけなのか、数字とボタンの両方なのかは定かではないが、いずれにせよサイトの改悪となる。見ている投稿が大きくバズっているものなのか「いいね」が3つしかついていないものなのかが、まったくわからなくなるのだ。

次ページ >
炎上投稿をわかりにくくする効果も

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。
Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/aec8a9a082ca2e527ffbb1d69b6ea6eb36e3ae2f
https://forbesjapan.com/articles/detail/66537
forbes.com 原文
https://www.forbes.com/sites/paultassi/2023/10/06/after-deleting-twitterx-headlines-elon-musk-will-hide-reply-retweet-and-like-numbers/
翻訳・編集=遠藤宗生
Paul Tassi | Contributor

(出典 images.forbesjapan.com)
左から「返信」「リポスト」「いいね」のボタン(Shutterstock.com)

【X「返信・リポスト・いいね」の数を非表示に マスク氏が宣言(Forbes /Paul Tassi氏)】の続きを読む



(出典 encount.press)
Twitterで障害発生中。「API呼び出しの回数制限を超えました」で閲覧できない状態に
1 えりにゃん ★ :2023/07/02(日) 00:28:11.83ID:6mUnX5UR9
 7月1日23時頃よりSNS『Twitter』で障害が発生しており、現在もタイムラインやトレンド、おすすめなどが閲覧できない状態が続いています。

 障害が発生しているアカウントでは、『Twitter』を閲覧しようとすると「API呼び出しの回数制限を超えました」と表示されてしまい、タイムライン、返信、メディア、いいねなどのタブが全て閲覧できない状態となっています。
 これにより『Twitter』では「Twitterダメ」のキーワードがトレンド入りしていますが、このキーワードからタイムラインを確認しようとしてもエラーで見られないためどうしようもありません。

全文
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20230702-00356208

【Twitterで障害発生中。「API呼び出しの回数制限を超えました」で閲覧できない状態に】の続きを読む

このページのトップヘ