天気・災害


小笠原諸島の西之島が噴火

(出典:日テレNEWS)


西之島(にししま,英: Nishinoshima Island)は、日本小笠原諸島にある無人火山島。父島の西北西約130キロメートルに位置する。活火山であり、有史以降も何度も噴火している。特に1973年5月から翌年1974年5月にかけて噴火と、2013年11月以降
85キロバイト (10,844 語) - 2022年10月1日 (土) 18:10
小笠原諸島・西之島が噴火
1 七波羅探題 ★ :2022/10/02(日) 08:46:35.48ID:nhK2FXTH9
NTV
2022年10月2日 3:02
気象庁によりますと2日午前2時20分、小笠原諸島の西之島が噴火しました。
https://news.ntv.co.jp/category/society/45511d4f5bbe4e74889383758fd97604
【【東京】小笠原諸島の西之島が噴火】の続きを読む


津波注意報(つなみちゅういほう)とは、地震の発生により気象庁から発表される津波に関する注意報で、20 cm以上1 m以下の津波が予想される場合(発表基準)において、予想される津波の高さ「1 m」として発表される。予想される津波の高さが20 cm未満であるときは津波注意報ではなく「津波予報(若干の海面変動)」が発表される。…
18キロバイト (2,595 語) - 2022年7月22日 (金) 22:23
1 Stargazer ★ :2022/09/18(日) 15:51:56.42ID:y6sBaetS9
【津波注意報】
津波注意報を発表しました。
発表日時 18日15時49分
対象地域:宮古島・八重山地方
https://twitter.com/Kantei_Saigai/status/1571390852081283073
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【【速報】津波注意報を発表しました】の続きを読む


地震のマグニチュード(英: Seismic magnitude scales)とは、地震が発するエネルギーの大きさを対数で表した指標値である。揺れの大きさを表す震度とは異なる。日本の地震学者和達清夫の最大震度と震央までの距離を書き込んだ地図に着想を得て、アメリカの地震学者チャールズ・リヒターが考案した。…
50キロバイト (5,445 語) - 2022年2月3日 (木) 12:06
台湾でM6クラスの地震発生
1 マタタビうんこ ★ :2022/09/18(日) 01:33:13.70ID:0U/7gXl69
台湾付近でM6.6の地震 津波被害の心配なし 台湾で現地震度6強を観測
日本時間の9月17日(土)22時41分頃、海外で地震がありました。震源地は台湾付近で、地震の規模(マグニチュード)は6.6と推定されます。
この地震による津波被害の心配はありません。
また、日本国内で震度1以上の揺れは観測されていません。
台湾で現地震度6強
台湾・中央気象局によると、台東県の池上で現地での震度6強が観測されたほか、花蓮県で震度5強、高雄市で震度5弱、台湾の広範囲で震度1~4級の揺れが観測されました。
台湾の震度階級は震度0~4級、5弱、5強、6弱、6強、7級の計10段階で、日本の気象庁震度階級とは計算過程が少し違うものの、類似した段階表現となっています。台湾の震度6強は「立っていることができない、家具が倒れる、広い範囲で電力、水道、ガス、通信などが止まる可能性がある」程度の揺れとされています。
台湾の東部では頻繁に地震が発生していて、今年3月にも台東県で震度6弱を観測する地震がありました。このほか1999年には台湾中部でM7.6の大地震が発生し、甚大な被害が出ていました。
https://weathernews.jp/s/topics/202209/170285/

【【地震】台湾でM6クラスの地震発生】の続きを読む


特別警報(とくべつけいほう、英: Emergency Warning)は、日本において、気象災害、水害、地震、噴火などの重大な災害が起こるおそれが著しく大きい場合に、気象庁が警告のために発表する情報。警報の一種ではあるが、警報の発表基準をはるかに超える規模で起きるような甚大な被害が発生する恐れがあ…
77キロバイト (8,634 語) - 2022年9月16日 (金) 08:50
台風14号 あす過去最強クラスで九州へ
1 Stargazer ★ :2022/09/17(土) 14:36:01.36ID:S07s3Ybi9
大型で猛烈な台風14号は、今夜(17日)~19日にかけて奄美地方と九州にかなり接近・上陸のおそれも。九州では記録的な暴風や高波・高潮・大雨となるおそれがあり、特別警報を発表する可能性も。暗くなる前に早めの避難や対策を。
台風14号は、17日10時現在、「大型」で「猛烈な」勢力で、南大東島の東約180キロを1時間におよそ20キロの速さで北西へ進んでいます。中心気圧は910hPaと、今年最も発達した台風となっています。
このあとも、台風は南大東島の東海上を北西へ進み、猛烈な勢力を維持したまま、きょう17日(土)の昼過ぎに大東島地方に最も接近。その後、あす18日(日)には奄美大島の東海上を通って、九州へ接近・上陸するおそれがあります。
気象庁は、九州では、記録的な暴風や高波・高潮・大雨となるおそれがあり、特別警報を発表する可能性があると発表。17日の明るい内に対策を。早め早めに身の安全を確保して下さい。
また、九州南部・奄美地方では、17日夜~18日かけて、線状降水帯が発生し、大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があるため厳重な警戒が必要です。
台風は、中心が近づくにつれて暴風をもたらし、さらに台風のスピードが遅いと、暴風が長い時間続く場合があります。また、台風の中心から離れていても、大気の状態が不安定になり、竜巻などの突風が吹くこともあります。暴風や突風によって、建物に様々な物が飛んでくることもありますので、室内でも十分な注意が必要です。
具体的には、台風が近づいている時には、屋内でもできるだけ窓から離れましょう。なるべく家の中心部に近い所で、窓のない部屋に避難してください。もし窓がある場合は、窓を閉めて、カーテンを引き、雨戸やシャッターがあれば、閉めておきましょう。風が強くなってからの屋外での作業は、暴風によって転倒する恐れがありますので、絶対にやめてください。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2dd48bcc2d5fc1783e0b795f3c871fdd1cb24226
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1663384939/

【【気象】台風14号 あす過去最強クラスで九州へ 特別警報発表の可能性も】の続きを読む

このページのトップヘ