IT



(出典 bunshun.jp)
ダークウェブに自分の情報が漏れているか確認するGoogleの機能が無料に
1 香味焙煎 ★ :2024/07/04(木) 13:17:59.90 ID:dC6sa8wk9
 Googleは、有料サービス「Google One」向けの機能「ダークウェブレポート」を7月下旬以降、Googleアカウントを持つすべてのユーザー向けに提供すると明らかにした。

 ダークウェブレポートは、ダークウェブ上で見つかったデータ侵害において、ユーザー自身の個人情報が含まれていないかをモニタリングできる機能。ユーザーがプロフィールに登録している名前、住所、電話番号、メールアドレスなどをもとに、ダークウェブ上で一致するものがないかを確認し、見つかった場合はメールや通知で知らせてくれる。

 今後ダークウェブレポートは、自分の連絡先情報を含む検索結果がないかを探し、削除をリクエストできる「あなたに関する検索結果」と統合する。Google One向けの特典機能としてではなく、全ユーザー向けに無料で提供されていくことになる。

Impress
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1605628.html

【【セキュリティ】ダークウェブに自分の情報が漏れているか確認するGoogleの機能が無料に】の続きを読む



(出典 otakuma.net)
ニコニコ「他サービスで同じパスワード使用は変更推奨」 KADOKAWA情報漏洩を受け注意喚起
1 Hitzeschleier ★ :2024/06/28(金) 21:57:29.71 ID:4qK4eOK/9
 システム障害の渦中にあるKADOKAWAは28日、ランサムウェア攻撃による情報漏洩(ろうえい)が確認されたとし、同社サイトに「お知らせとお詫び」書面を掲載した。これを受け、ニコニコ公式は「念のため、ニコニコアカウントと同じパスワードを他サービスでもお使いの場合は、パスワードを変更することを推奨いたします」と注意喚起した。

KADOKAWAの書面では「当社グループでは、データセンター内のサーバーがランサムウェアを含む大規模なサイバー攻撃を受けた事案が発覚した後、直ちに対策本部を立ち上げ、外部専門機関などの支援を受けながら、情報漏洩の可能性について調査を開始しており、現在も継続中です」と説明。そして「その最中、当該ランサムウェア攻撃を行ったとする組織が、当社グループが保有する情報を流出させたと主張しています。当社グループは、当該組織の主張内容の信憑性について現在確認中ですが、同組織が公開した情報を確認したところ、当社にて保有する一部情報の漏洩が確認されましたので、下記にてご報告いたします」と伝えた。
(略)

https://www.oricon.co.jp/news/2333976/full/

【ニコニコ「他サービスで同じパスワード使用は変更推奨」 KADOKAWA情報漏洩を受け注意喚起】の続きを読む



(出典 xtech.nikkei.com)
KADOKAWA、クリエイターの個人情報漏えいを確認 ドワンゴ全従業員の個人情報、取引先との契約書、社内向け文書なども
1 Hitzeschleier ★ :2024/06/28(金) 20:01:22.71 ID:27Urpzlo9
 KADOKAWAは6月28日、8日に受けたサイバー攻撃を巡り、情報の漏えいを確認したと発表した。

 楽曲収益化サービスを利用している一部クリエイターの個人情報、一部の元従業員が運営する会社の情報、取引先との契約書・見積書、契約社員や派遣社員、アルバイト、一部の退職者を含むドワンゴ全従業員の個人情報、ドワンゴ関係会社に勤める一部従業員の個人情報、社内向け文書が漏えいしたという。なお、クレジットカード情報については、KADOKAWAやドワンゴで保有していないため漏えいしていないとしている。

 情報が漏えいしたクリエイターや関係者には個別に通知する。同社は漏えいした個人情報を悪用したフィッシングメールなどが送信される可能性もあるとして、注意を呼び掛けている。

 KADOKAWAは漏えいを確認した経路について「サイバー攻撃を行ったとする組織が、当社グループが保有する情報を流出させたと主張している。当社グループは、当該組織の主張内容の信ぴょう性について現在確認中だが、同組織が公開した情報を確認したところ、当社にて保有する一部情報の漏えいが確認された」としている。

 KADOKAWA・ドワンゴへのサイバー攻撃を巡っては27日、ランサムウェアグループ・Black Suitが、犯行リストに社名を追加したと、複数の海外セキュリティ企業が報告。同グループが公開した文書には、約1カ月前にKADOKAWAのネットワークにアクセスし、ドワンゴやニコニコを含むネットワークを暗号化したこと、その上で約1.5TBのデータをダウンロードし、KADOKAWAと身代金に関する交渉をしていることなどが書かれていたという。

 ダウンロードしたデータには、従業員の個人情報や機密書類、ユーザーデータなどが含まれ、今週中にKADOKAWAと合意できなければ、7月1日にデータを公開するとしている。文書の真偽は不明。

https://www.itmedia.co.jp/news/spv/2406/28/news201.html

【KADOKAWA、クリエイターの個人情報漏えいを確認 ドワンゴ全従業員の個人情報、取引先との契約書、社内向け文書なども】の続きを読む



(出典 tk.ismcdn.jp)
KADOKAWAサイバー攻撃 ロシア系ハッカーが犯行声明 金銭を支払わないと7月1日にデータ公開
1 Hitzeschleier ★ :2024/06/27(木) 23:03:39.90 ID:Zcuwe/ux9
 出版大手KADOKAWAがサイバー攻撃を受け、動画配信サイト「ニコニコ動画」などが利用できなくなった問題で、ロシア系ハッカー犯罪集団が27日、匿名性の高い「ダークウェブ」上の闇サイトに犯行声明を出したことが分かった。

 ハッカー集団は「ブラックスーツ」を名乗り、真偽は不明だが、利用者や従業員の個人情報など大量のデータを盗んだと主張。金銭を支払わないと7月1日に公開するとした。KADOKAWAは「現時点で当社としては、お答えできることはない」とコメントした。

 ブラックスーツは身代金要求型のコンピューターウイルス「ランサムウエア」を使う有力な犯罪集団の一つとされる。犯行声明の主張によると、約1カ月前にKADOKAWAの情報システムに侵入し、約1.5テラバイトのデータを盗み、暗号化した。KADOKAWAの経営陣と取引したが、提示された金額に不満があり、金額を上乗せするよう脅迫したという。

 KADOKAWAや子会社のドワンゴによると、8日未明に複数のサーバーにアクセスできなくなる障害が発生した。

https://nordot.app/1179002257514332796
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1719490510/

【KADOKAWAサイバー攻撃 ロシア系ハッカーが犯行声明 金銭を支払わないと7月1日にデータ公開】の続きを読む



(出典 image.itmedia.co.jp)
「LINE問題」を招いたネイバーのセキュリティ、日本企業が担当した
1 ばーど ★ :2024/06/26(水) 07:56:52.05 ID:AfAwc9uv
ネイバークラウド、日本のセキュリティソリューションを使用 
韓国国内の協力会社の従業員のパソコンで事故発生

 「LINE問題」を触発させたネイバークラウドのセキュリティ事故が日本のセキュリティ会社のソリューションを使用する過程で発生したことが確認された。

 24日、ネイバーが国会科学技術放送通信委員長であるチェ・ミンヒ議員室(共に民主党)に提出した説明によると、ネイバークラウドは日本企業「トレンドマイクロ」で開発したセキュリティソリューションを使用している。トレンドマイクロのセキュリティソリューションは同社が推薦した韓国国内のパートナー社と契約を結ぶ方式でのみ使用できるが、LINEヤフーの個人情報流出につながったマルウェアの感染は同社の指定したパートナー社の従業員のパソコンで発生した。ネイバー関係者はチェ委員長室に「ネイバークラウドがトレンドマイクロ推薦のパートナー社と契約を結び、トレンドマイクロのセキュリティソリューションを使ってメンテナンスまで任せる構造」だと説明した。

 トレンドマイクロは1988年に米国で設立されたが、その後、基盤を日本に移し東京に本社を置き、東京証券市場1部に上場されている。主要株主も野村證券など日本企業だ。

 LINE問題は昨年11月、ネイバークラウドがサイバー攻撃でマルウェアに感染した後、システムを一部共有していたLINEヤフーで51万件の個人情報が流出し触発された。日本総務省はLINEヤフーに2度も行政指導を行ったが、LINEヤフーに対するネイバーの影響力の縮小を求めるものとみられ、韓日対立の雷管となっている。セキュリティ事故を口実に、韓国企業に対する過度な依存を減らす方向で支配構造の見直しを要求するのが日本政府の論理だった。LINEヤフーはネイバーとソフトバンクがそれぞれ50%ずつ出資した中間持株会社のAホールディングスの支配下にある。

 チェ委員長は「LINEの個人情報流出事件は運営の責任を負ったネイバー側の責任を指摘せざるをえないが、実際にはセキュリティソリューションを担当した日本企業とそのパートナー社のセキュリティに穴があったことで起きた」とし、「にもかかわらず、日本政府が露骨なネイバー追い出しで企業活動の自由を侵害している。韓国政府はこのような事実を全て把握したにも関わらず、『行政指導には株式売却の要求はなかった』といって日本をかばったのか真相究明が必要だ」と述べた。

 国会科学技術情報通信委員会は25日、全体会議を開き、イ・ジョンホ科学技術情報通信部長官を証人に、ネイバーのチェ・スヨン代表を参考人としてそれぞれ呼び、LINEヤフー問題について質疑する予定だ。

シム・ウサム記者

ハンギョレ 2024-06-26 06:10 修正:2024-06-26 07:44
https://japan.hani.co.kr/arti/politics/50427.html

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1719197101/

【「LINE問題」を招いたネイバーのセキュリティ、日本企業が担当した [6/26]】の続きを読む

このページのトップヘ