事件・事故


cookingと表記する。低温調理法(low temperature long time (LTLT) cooking)とも呼ばれる。 生あるいは焼き目をつけるなどの下処理を施した食材と調味液をフィルム袋に入れて真空密封し、TT(temparature time)管理の出来る調理器で材料に応じた時間と温度設定をして調理
3キロバイト (511 語) - 2022年8月2日 (火) 11:00
“低温調理”のリスク 食中毒に注意!
1 シャチ ★ :2022/08/08(月) 05:31:38.37ID:Uznbwzm19
“事件”はまず、ツイッターから発覚した。6月16日、とある一般ユーザーが友人とラーメンを食べに行った旨を画像とともにツイッターに投稿。
 その後、3日後に腹痛と下痢、そして39度を超える発熱に。共にラーメンを食べた2人の友人も同じ症状が。彼らは1週間近くこれらの症状に苦しめられた。このご時世、コロナも疑われたがそれは違った。コロナのような、いかんともしがたいウイルスによる災害ではなく、それは“人災”だった。
「愛媛県松山市のラーメン店で食事をした19人に下痢や腹痛、発熱などの症状が出て、同市保健所は食中毒と断定、店は営業停止となりました」(社会部記者)
 鶏を白濁するまで煮込んだ流行りの『鶏白湯』スープに、これまた流行りの低温調理がほどこされた鶏の“レアチャーシュー”が浮かぶ。しかし、その断面はスーパーで売られる“生肉”のように見える。
 ちなみにツイッターの投稿者はラーメンと同様に、表面以外は生状態と思われるチャーシュー丼もあわせて食べている。
「食中毒を出したラーメン店は、業界で有名なラーメンプロデューサーの島田隆史氏が手がけたフランチャイズ店です。彼の直営店はミシュランビブグルマンを獲得。その“評価”と、年商5億円という“成功”を謳い文句に多くの店をプロデュースしています」(飲食コンサルタント)
低温調理はプロでも難しい
 島田氏がプロデュースするほかのラーメン店にも、“同じチャーシューを出しているの?”などの電話が寄せられたという。
 低温調理によるレアチャーシューは、鶏に限らずラーメンにおけるトレンドの1つ。低温調理自体も流行中だ。
「一般家庭にも広まっていますが、前提として低温調理は“プロでも難しい”ということを、調理人もそれを食べる消費者も自覚するべきです。ラーメン店に限らず、ほかの飲食店でも、“これちゃんと火が通ってないな”という料理が出てくることがあります」(ラーメン店店主、以下同)
 加熱する時間は温度によって変わるが、60~70度ほどの“低温”でじっくり加熱する調理。これにより、高熱で加熱するより、中心部がレア状態でしっとりした口当たりとなる。
「素材となる肉は、どれだけ食肉業者が形やサイズを整えたとしても個体差がある。それによって加熱時間などは変わってくる。低温調理がいくら科学的に安全だという根拠のある調理法であっても、個体差などを見極める職人的な“目”も必要になります」
“マニュアル”で管理しているラーメン店もあるが、それだけでは難しい部分がある。
「もちろん数字というきちんとした“基準”も必要。うちの店でも低温調理を行っていますが、必ず中心部を温度計で計測してから提供しています。マニュアルを盲信して、専門知識のないアルバイトなどが調理している店は、非常に怖いですね。マニュアルにも当然、温度や加熱時間は定めているはずですが、それはあくまでただの“基本”となります。個体差があれば、それに応じて調整しなければいけません」(以下ソースで)
週刊女性PRIME
https://news.yahoo.co.jp/articles/ad2c85fa184ad7b1cff12057cb829c04bde09bc3
画像 被害を出したラーメン店のホームページ。多数の“生肉”を提供していた

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

【【食中毒リスク】ほぼ生肉に見える“低温調理”でラーメン店が営業停止!「新鮮だから大丈夫」の怖い落とし穴】の続きを読む


に拘束する処分。運用上、捜査段階では代用刑事施設である留置場に拘束される例が多い。捜査段階で逮捕に引き続いて行われ、公判段階にかけて継続する。もしくは、在宅中の(保釈を除く)公判段階の勾引からの移行による継続である。 鑑定留置 心神又は身体を鑑定するために被告人または被疑者を病院などに拘禁する処分(刑事訴訟法第167条)
10キロバイト (1,688 語) - 2019年8月10日 (土) 13:30
交友希薄、社会から孤立し「人間関係に嫌気」
1 powder snow ★ :2022/08/07(日) 02:17:33.80ID:jUm2Y24I9
安倍晋三元首相(67)が銃撃されて死亡した事件で、殺人容疑で送検された無職、山上徹也容疑者(41)=鑑定留置中=は、海上自衛隊を辞めて以降、20年近くの間にアルバイトや派遣社員として10回以上も転職を繰り返していた。
 退職理由の多くは人間関係。周囲との交友も希薄で、社会から孤立していった実態が浮かび上がる。
《後輩の指導が得意ではなかった》《人間関係》
履歴書には多くの職歴が並び、企業名の横には面接で聞き取った退職理由のメモが書き添えられていた。
山上容疑者は平成28年10月、奈良県内の人材派遣会社の求人に応募。面接した男性社長は「面接で一度会っただけなので覚えていないが、面接のときのメモを見ると、『ボソボソ』と書いている」と話す。
この履歴書に書かれた最終学歴は、奈良県内で有数の進学校として知られる県立高校。山上容疑者の伯父(77)は、経済的な理由で大学進学を諦めて専門学校に進んだと説明しているが、履歴書では高校卒業から海自入隊まで3年余りが空白となっている。
□ □ □
海自で自殺を図った末、17年8月に退官した山上容疑者が次の職に就いたのは18年12月、測量会社でのアルバイトだった。男性社長(75)によると、ハローワークを通じて採用し、沖縄県で潮流を測量する長期出張にも参加したという。「測量の機械を海に落とし、悪びれもせず『そんなに高いものですか?』と聞いてきたのが印象に残っている」と話す。
半年後に退職すると、再び2年半も無職の時間を過ごす。この間、測量や不動産取引に関する資格を取得したと書かれている。
その後も無職状態を挟みつつ職を転々とし、約9年間に5社で勤務。いずれも短期のアルバイトや派遣社員としての勤務で、最長でも約1年半だった。
山上容疑者が説明した退職理由の多くは人間関係によるものだった。27年11月から籍を置いた別の人材派遣会社の男性社長は「声を掛けても『ああ、はい』くらいしか言わない。他人との交流が苦手な感じはあった」と明*。この会社はわずか半年で退職。理由は《上司とあわない》と記載されていた。
□ □ □
捜査関係者によると、海自退官から事件までの約17年間の勤務先は10社以上で、無職期間は少なくとも通算約7年に及ぶ。捜査幹部は「人間関係で嫌気がさすと、次の仕事が決まっていないのに辞める、ということの繰り返しだったようだ」と話す。
令和2年10月からは派遣社員として京都府内の工場でフォークリフトの操作を担当。今年5月中旬まで最長の2年7カ月勤務した。当初は真面目な働きぶりだったが、3月ごろから無断欠勤が目立ち始め、欠勤時には銃の試射を重ねていたとみられている。
次に派遣先の大阪府内の会社で6月上旬まで働くと、事件1カ月前からは無職だった。捜査関係者によると、事件当時は消費者金融からの借入金など、少なくとも数十万円の負債を抱えていた。
https://news.livedoor.com/article/detail/22633335/
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1659792364/

【【山上容疑者】転職10回超 退職理由の多くは「人間関係に嫌気」交友希薄】の続きを読む


SP, Sp, sp セキュリティポリス (Security Police)。要人警護を担当する警視庁の警察官。 スペシャル (SPecial)。特別・特殊。特別番組など。 セールスプロモーション (Sales Promotion)。マスコミ以外の媒体による広告を「SP広告」と呼ぶ。 スピーカー (SPeaker)
6キロバイト (727 語) - 2022年7月1日 (金) 10:24
警備当局 世間の目を意識し安倍陣営の要請に応えず・・・結果は最悪に
1 風吹けば名無し :2022/07/19(火) 10:37:55.75ID:g+V8nGQoM
「実は以前から、ベタ張りSPを2人に増やしてもらえないか、警備当局の関係者に内々に打診していたのです。安倍元総理はほかの総理経験者とくらべて、狙われる危険性が高いからですが、“いまのご時世、安倍さんだけ警備を手厚くするのは国民の理解が得られない”という回答でした」
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f69d6849a93a1ad2de5d208dea1b8c4edfe0e01?page=3


【【警備体制】安倍陣営、SPもう2人つけろ! 警備当局、特別扱いできない!】の続きを読む


統一教会は、社会における家族の重要性を強調しており、それを反映して1994年5月に名称が世界平和統一家庭連合に変更された。日本で、2015年6月2日に所管する文化庁に変更申請書を提出し、同年8月26日付で名称変更が認証された。 韓国では統一教、日本では旧称の略称の統一教会、またキリスト教会
360キロバイト (55,301 語) - 2022年7月16日 (土) 23:58
山上容疑者は生活困窮状態 負債があり所持金が底をつく為犯行は時間の問題だった 
1 powder snow ★ :2022/07/17(日) 08:19:07.82ID:5E2Y/vw69
安倍晋三元首相の銃撃事件で、無職山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=が事件時に少なくとも約60万円の負債を抱えていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。「襲撃は7月に決意した」と供述していることも判明。母親が多額の献金をし恨んでいた世界平和統一家庭連合(旧統一教会)とつながる安倍氏を狙ったとしているが、奈良県警は経済的困窮で自暴自棄になり事件を起こした可能性があるとみている。
 2020年10月から派遣社員として京都府内の工場で働いていた山上容疑者。月給は二十数万円。今年2月ごろから体調不良を訴え始め、有給休暇を消化した上で5月中旬に退職した。給料が振り込まれていた預金口座の残高は、事件当日の7月8日時点で二十数万円あったが負債もあり、定期的に返済していたものの、60万円以上が残っていた。
 給料の一部は昨年春ごろから製造を始めたという銃の材料や工具類の購入費用などに充てていたとみられる。一方、月約4万円の家賃や、銃の試射に向かう際に乗っていたとみられる軽乗用車の維持費、光熱費などに加え、食費なども必要。退職後はまとまった収入はなかったとみられ、定期的な返済も考えると、所持金が底をつくのは時間の問題だったとみられる。
 安倍氏は6月28日にも奈良入りし参院選の応援演説を行っていたが、山上容疑者は現地を訪れていなかった。実際に行動に移したのは7月7日。未明に奈良市内にある教団関連施設付近で試射した後、安倍氏がマイクを握る岡山市内の演説会場へ。警備体制の都合で断念し、8日に事件を起こした。
 母親が教団に高額献金を繰り返し、一家の生活は事実上、破綻。山上容疑者は海上自衛隊に所属していた05年1月、兄と妹に死亡保険金を渡すつもりで自殺を図っていた。その前には消費者金融から借金をして飲み歩いていた。
 少年時代などの困窮の記憶から、自分の置かれた現状についてより強い不安に駆られ、将来への絶望を深めていったことが最終的に事件の引き金になった可能性がありそうだ。
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2022/07/17/kiji/20220717s00042000079000c.html


【【銃撃事件】山上容疑者 負債60万円、車の維持費+光熱費+食費等で経済的困窮が引き金か?】の続きを読む


SP, Sp, sp セキュリティポリス (Security Police)。要人警護を担当する警視庁の警察官。 スペシャル (SPecial)。特別・特殊。特別番組など。 セールスプロモーション (Sales Promotion)。マスコミ以外の媒体による広告を「SP広告」と呼ぶ。 スピーカー (SPeaker)
6キロバイト (727 語) - 2022年7月1日 (金) 10:24
取り返しのきかない結果に専属SP「号泣」
1 どどん ★ :2022/07/14(木) 07:20:05.70ID:8v5rBL/D9
 安倍晋三・元首相(67)が遊説中に銃撃され死去した事件を受けて、奈良県警にクレームが殺到しているという。
 安倍氏は7月8日、奈良・大和西大寺駅の北口前で参院選の応援演説を行っていた。現場では、奈良県警の警備部参事官をトップとする体制で指揮がとられ、県警本部や奈良西署の警察官、さらに東京から随行した警視庁警護課のSP(要人警護官)1名が安倍氏の警護に当たったという。しかし、安倍氏は約5メートルの至近距離で背後から撃たれ、命を落とす結果となってしまった。
 総理大臣の警護を担当したこともある警視庁元SPは、発砲があった瞬間の現場の動きについて「少なくとも犯人が前に出てきた瞬間に、後方を警戒していた人間がまず飛び出すべきでした」と悔やむ。
 世間では「警護体制は適切なものだったのか」という疑問が噴出し、奈良県警には11日午前7時までに電話やメールなど約1300件のクレームが殺到した。また、12日に警察庁で行われた記者会見では、中村格長官が「警察としての責任を果たせなかった」「警察庁の関与のあり方にも問題があった。長官として慚愧にたえない。責任は誠に重いと考えている」として、警護措置要領を見直す方針を示した。警察庁が、個別の事案について会見を開くのも、長官が責任を認める発言をするのも異例のことだ。
 安倍氏の後援会幹部によると、事件の現場を担当していたSPは強いショックを受けているという。
「警視庁から派遣されたSPに後援会会長が電話したところ、号泣して言葉にならなかったそうです。『お前の責任じゃない』とは伝えたものの、ずっとそんな調子で泣いていたと聞きました。安倍さんならきっと、こういう時に『キミじゃなくてよかったよ』と言っていたのではないかと思いますが……」
 後援会の幹部は、安倍氏との思い出を悲痛な様子で振り返る。
「地元の支援者としては、何をしても今はつらい。ふとした場面で『ああ、ここを安倍さんと歩いた』など思い出してしまいます。8月13日には、関門海峡花火大会が3年ぶりに開催されます。安倍さんも下関に毎年来られて楽しみにしていた花火大会だったのに、今年はご覧になれないと思うと……」(後援会幹部)
 安倍氏の銃撃事件により、多くの人の心が深く傷ついている。
NEWSポストセブン
https://news.yahoo.co.jp/articles/bd492151140f58d9a5ed1ca43305cdf185236dbf
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1657724968/

【【俺の責任】安倍氏専属SPが号泣! 後援会幹部、「お前の責任じゃない」電話にも言葉にならず涙】の続きを読む

このページのトップヘ