事件・事故


「最高新記録です」ネット騒然“大量万引き”にスーパーが悲鳴1 鬼瓦権蔵 ★ :2022/12/08(木) 11:19:48.33ID:Ee/uWN0U9
「これ一回の万引きなんですが、一般のお客様では最高新記録です」――こんなツイートとともに投稿された写真には、ぎっしりと商品が詰まった買い物篭が2つと、清涼飲料水のケースが4つ。
スーパーマーケットの担当者による投稿が今、大きな話題になっている。
「別の店で買った」
この投稿を行ったのは、宮崎県に10店舗のスーパーを展開する株式会社永野の公式アカウント「ナガノヤ ウメコウジ」。
12月2日に呟かれると、瞬く間に3.2万件のリツイート、そして約20万件の「いいね!」がついた。ネットでは、「これは万引きじゃなくて強盗」「どんだけ盗ればいいんだ」「お客様じゃなくて犯罪者」「どうやって盗んだの」といったコメントが躍った。
万引き被害の現況について、大手スーパー関係者に訊ねると、
「いろいろ対策を講じていますが、万引き被害は後を絶ちませんね。特に、高齢者による万引きが多くなった印象を受けます。さらに近年は、万引きを取り締まるのが難しくなりました」
なぜか。
「まずは、レジ袋の有料化です。これによって、マイバッグを持参されるお客様が増えたのですが……。レジを通さないままポンとマイバッグにいれてしまう。お声がけしても、『別の店で買ったもの』と主張されてしまいますから、やっかいですね」
物価高も遠因
さらには、
「人手不足解消のために急増している、セルフレジの導入も、悩ましい問題です。特に、バーコードを客自らが通すセルフレジの場合が大変で、何品かバーコードをスルーして買い物袋に入れてしまうお客様がいる。店員が指摘しても、『気付かなかった』と言い放ち、悪びれもしない。でも、スルーされる商品に限って、高級品が多かったりするんですよ。結局、セルフレジを監視する店員を増やす必要に迫られるという、本末転倒な事態まで起きているんです」
捜査中につき
最近では、急速に進む物価高も万引きを誘発する遠因になっているという。とはいえ、冒頭で紹介したスーパーほど大量の万引きは、さすがに聞いたことがない。ツイートをした担当者に訊いてみた。
――衝撃的な写真でしたが、一体なぜツイートをしようと? 
「注意喚起を目的として、投稿させていただきました。やっぱり、ああいうことをされると、悲しいですから」
――あれだけの量を一度に万引き、どういう手口で? 
「現在、捜査中のため、万引きの手口については、お答えすることができないです」
――被害額は? 
「合計で1万4000円でした」
――犯行がわかった経緯は。
「常連のお客さんが教えてくれたのです。その時はまだ(犯人が)店内にいらしたので、まず防犯カメラで確認しました。ですが、店内では声かけはできないので、その方が店を出て、車に乗られ、エンジンをかけたところで、お声がけさせていただきました。質したところ、犯行を認められた、ということです。物価高の中、我々も必死に頑張っているのに、ああいうことされると、本当に悲しいですし、万引きをされたお客様のご家族も悲しいと思います。改めて、万引きはやめていただければと思いますね」
 先の大手スーパー関係者が言う。
「1つの商品を万引きされると、その損を取り戻すためには、同じ商品を10個売らないといけない、と言われています。我々小売業者にとって万引きは、決して“軽犯罪”ではないのです」
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b403d06e98554fd33cfac8b8ed0c0ea1fe98314
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1670459285/
「これ一回の万引きなんですが、一般のお客様では最高新記録です」話題となったツイート

(出典 www.dailyshincho.com)
【【犯罪】「最高新記録です」ネット騒然“大量万引き”にスーパーが悲鳴 「物価高」「セルフレジ」「マイバッグ」急増で「新型万引き」急増中】の続きを読む


宮台 真司(みやだい しんじ、「宮臺眞司」とも表記。1959年3月3日 - )は、日本の社会学者・映画批評家。宮城県仙台市出身。社会学博士(東京大学・1990年)(学位論文「権力の予期理論〜了解を媒介にした作動形式〜」 )。東京都立大学教授。大学院大学至善館特任教授。「オウム事件真相究明の会」呼びかけ人。…
45キロバイト (4,354 語) - 2022年11月30日 (水) 07:28
宮台真司さん襲撃事件、逃走の男「暗くて分からず」講義後襲撃
1 ぐれ ★ :2022/11/30(水) 23:19:43.56ID:IyJlOqWT9
東京都八王子市の東京都立大南大沢キャンパス敷地内で29日、同大教授で社会学者の宮台真司さん(63)が男に首などを切り付けられて重傷を負った事件で、宮台さんが「暗がりで男が誰か分からない」と説明していることが30日、捜査関係者への取材で分かった。
同キャンパス内に設置された防犯カメラの画像には、犯人とみられる男の逃走する姿が写っており、警視庁捜査1課は防犯カメラ画像の解析を進めるなど、殺人未遂容疑で逃げた男の行方を追っている。
捜査関係者によると、事件は29日午後4時20分ごろに発生。宮台さんは歩道を歩いていた際に背後から頭を殴られた上、後頭部や首付近などを刃物で複数回切り付けられ、全治1カ月の重傷を負った。両腕には抵抗した際にできる防御創が複数あり、男は執拗に宮台さんを襲ったとみられる。現場から凶器は見つかっていない。
続きは↓
https://www.sankei.com/article/20221130-RUXX3PLXQJLZBCG6XFSMICGFAM/
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1669799138/

【【都立大】宮台真司さん襲撃事件、逃走の男「暗くて分からず」講義後襲撃、行動把握か】の続きを読む


妻殺害容疑の丸山大輔・自民党県議、別の女性と交際、その前にも複数の女性と交際
1 Stargazer ★ :2022/11/30(水) 10:56:11.66ID:BTTD9OEO9
妻を殺害した疑いで逮捕された長野県議が、当時、別の女性と交際していたことがわかり、警察は女性関係のトラブルが動機につながった可能性もあるとみて調べています。
殺人の疑いで逮捕された、丸山大輔県議は、2021年9月、塩尻市の自宅で妻・希美さん(当時47)の殺害した疑いがもたれています。
捜査関係者によりますと、丸山容疑者は当時、妻とは別の女性と交際していたということです。
また、その前にも複数の女性と交際していて、警察は女性を巡るトラブルが動機に繋がった可能性もあるとみて調べています。
また、「当日は、長野市の議員会館に宿泊していた」と説明していましたが、容疑者のものとみられる車が自宅周辺の複数の防犯カメラに映っていたこともわまりました。
一方、丸山容疑者は容疑を否認していているということです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab447df96af8a7152d7041dec241bb5a69ae6d87
【【速報】妻殺害容疑の丸山大輔・自民党県議、別の女性と交際、その前にも複数の女性と交際 女性めぐるトラブルか】の続きを読む


東京五輪“談合疑惑”で電通などの家宅捜索を開始
1 ブギー ★ :2022/11/25(金) 11:08:23.70ID:gYUmmwKN9
 東京オリンピック・パラリンピックを巡って、大会組織委員会が発注した競技のテスト大会に関する入札で談合の疑いがあるとして、東京地検特捜部などが広告大手「電通」などの家宅捜索を始めた。
 特捜部と公正取引委員会による家宅捜索が行われているのは、組織委員会が2018年に発注したテスト大会の計画立案などの業務を受注した「電通」本社など。関係者によると、入札について受注調整が行われ、会場ごとの落札予定が事前に決められていた疑いがあるという。
https://times.abema.tv/articles/-/10051519
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1669338198/
【【速報】東京五輪“談合疑惑”で電通などの家宅捜索を開始 東京地検特捜部】の続きを読む


株式会社日立物流(ひたちぶつりゅう、英: Hitachi Transport System, Ltd.)は、東京都中央区に本社を置く物流会社である。日立グループに属するが、国内事業の大半がグループ外の取引である。3PLで国内首位。東証プライム上場企業。 主力の物流事業は『システム物流
21キロバイト (2,247 語) - 2022年8月5日 (金) 09:31
日立物流倉庫放火 被害200億円超 20歳男に懲役12年判決
1 少考さん ★ :2022/11/14(月) 20:37:09.25ID:dEs9elP29
 大阪市此花区の人工島・舞洲(まいしま)にある「日立物流西日本」の倉庫に放火したなどとして、現住建造物等放火などの罪に問われた元派遣社員の男(20)=事件当時(19)=に対する裁判員裁判の判決公判が14日、大阪地裁で開かれた。中川綾子裁判長は「生じさせた危険は重大で、被害も類を見ないほど多額」として懲役12年(求刑懲役13年)を言い渡した。
判決によると、昨年11月29日午前、舞洲の倉庫で段ボール製の台にライターで火を付け、延べ約5万3千平方メートルのうち約3万平方メートルを焼損させたほか、今年1月14日には、同市西淀川区にある同社の別の倉庫にも放火しようとした。
 判決理由で中川裁判長は、舞洲の倉庫には当時、109人の従業員らがおり「死傷者が出ないほうが不思議といえる状況」だったと指摘。(略)
※全文はソース元を参照して下さい。
産経新聞
https://www.sankei.com/article/20221114-L5XKJ7U3VBIUBBWHC7VUODVCG4/
【【判決】被害200億円超「類見ぬほど多額」 日立物流倉庫放火、20歳男に懲役12年判決  (大阪地裁)】の続きを読む

このページのトップヘ