国内サッカー



(出典 sportiva.shueisha.co.jp)
サッカー元日本代表・佐藤寿人が年下セラピストと路チュー&手つなぎ「路チュー」
1 原島 ★ :2024/04/25(木) 18:10:30.62 ID:PNCF8xZn9
「ね~~。口の周りに何かついてない?」

そんな甘えるような表情の女性につられ、顔を覗き込む一人の男。何もついていなかったのか、二人は見つめ合って笑顔になる。そのまま手をつないで人気のない路地まで歩くと、二人は互いの唇を重ね合わせた―。

4月中旬の週末。サラリーマンでゴッタ返す東京・新橋(港区)で”二人だけの世界”に浸っていたのは、サッカー元日本代表の佐藤寿人(42)だ。この日は上下ともに黒で固め、変装用か、サングラスをかけている。

「佐藤は日本代表として活躍した名ストライカー。Jリーグ通算220得点を上げ、歴代最多得点記録を持つレジェンドです。’20年の引退後は解説者として活躍する傍ら、各地でサッカースクールを開催するなど精力的に活動しています。また愛妻家、子煩悩としても知られ、プロデビュー直後に知り合った奥さんと21歳の時に結婚。広島市内に家を持ち、3人の息子にも恵まれました。偉大な父に憧れ、3人ともサッカーの道に進んでいます」(日本サッカー協会関係者)

しかし、この日、佐藤の隣にいたのは20年以上にわたり連れ添っている妻ではない。その相手とはいったい誰なのか。

「相手はセラピストとして勤務する30代の一般女性Aさんです。笑顔が可愛らしい女優の波瑠似の美人。実は、Aさんと佐藤は1年にわたり、不倫関係になっているんです」(佐藤の知人)

解説業やテレビ出演など東京での仕事も多い佐藤は、現在、単身赴任中。この日は愛車でAさんの自宅マンションを訪れると、慣れた手つきで駐車場へ車を停め、二人で夜の街に繰り出していた。

夜7時半から新橋のイタリアンで1時間ほど食事を楽しむと、帰り道では冒頭のようにラブラブムードに。サングラスで変装しているとはいえ、大通りでも片時もAさんの手を離さない大胆ぶりだ。路地で1回目のキスをした後、2軒目を探す間もキス。恥ずかしそうに俯くAさんに顎クイするとまたキス。”路チューのハットトリック”を決めると、結局2軒目には寄ることなく、Aさんのマンションへと入っていった。この日、終電を越えても佐藤が帰宅することはなかった。

4月26日発売の『FRIDAY 5月10・17日号』と有料版『FRIDAY GOLD』では、二人の出会いのきっかけや佐藤への直撃の様子を詳しく報じるとともに、多数の写真を公開している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/587ba53754e67042668edfc6a86286e8f347f8b5

【サッカー元日本代表・佐藤寿人が年下セラピストと路チュー&手つなぎ「不倫愛」】の続きを読む



(出典 img.logmi.jp)
岡田武史氏 カズと「実は今、まあまあ連絡とったりしてる」 98年フランス大会落選の真相
1 久太郎 ★ :2024/02/17(土) 22:54:01.91 ID:SnqQZ5kV9
 サッカー元日本代表監督の岡田武史氏(67)が17日放送のABEMA「NewsBAR橋下」(土曜後9・00)に出演。98年フランスW杯前に三浦知良、北澤豪ら3人をメンバーから外す決断をした時の舞台裏を語った。

 会見で「外れるのはカズ、三浦カズ」と苦渋の表情をにじませた岡田監督。衝撃の発表に、日本中が騒然となった。「俺も(当時)41歳でいろんな状況を想定するわけ。0-1で勝ってる負けてるとか、誰が退場したり…とかその想定の中で一番出て来る回数が少なかったのがあの3人だったっていうだけで」と回想。

 「(3人は)スタメンではなかったんで、交代で勝ってて出すんなら…負けてる時なら背の高い呂比須とかそういうのを出そうとか、それだけだった」と当時の選択を語った。

 一方、自身が2度目の指揮となった2009年W杯南アフリカ大会では「2年間代表を外していた川口能活を呼び戻したんですよ。チームキャプテンやってくれって。23人いても、決勝まで行っても1試合も出ないのが必ず1人、2人いる。そういうところに、どういうのを置くかって考える経験があった。川口能活が残り組の練習を一生懸命やったら、若い奴は文句言えない。水とかボールかたづけてくれたり。最後はまとめてミーティングしてくれたりしたんです」と、かつての経験からフォロー役を置き、代表は結果的に初の決勝トーナメントに進出した。

 「41歳の時はそんなのわからなかった。力だけで23人選んでしまった。僕は私利私欲なく、チームが勝つためしか考えてなかったし、逃げも隠れもしないけれど。カズもわかってくれていたみたいで。実は、今はまあまあ連絡とったりしてるんですけどね」と明かした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7d87f3db5fb08979da317db7875049a1e763d6bc

【【サッカー】岡田武史氏 カズと「実は今、まあまあ連絡とったりしてる」 98年フランス大会落選の真相】の続きを読む



(出典 www.soccer-king.jp)
元日本代表・西大伍が選手の女性問題・飲み会で激論「僕知らないですけど、大谷翔平も遊んでいますよ」
1 梵天丸 ★ :2024/02/05(月) 12:32:10.59 ID:wH64uRt49
 北海道コンサドーレ札幌からいわてグルージャ盛岡へ完全移籍した元日本代表DF西大伍は今月はじめ、『幻冬舎』の編集者である箕輪厚介氏と対談。『週刊新潮』が報じたAFCアジアカップ日本代表FW伊東純也(スタッド・ランス)の性加害疑惑報道に関して議論を交わす中、ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平投手について持論を述べている。

 週刊新潮による性加害疑惑報道を巡っては、アジアカップ開催期間中だったこともあり、SNS上では女性側や週刊誌側に対する批判が噴出。メディアを通じて垣間見えた伊東の一面をもとに、同選手を擁護するファン・サポーターも多く見られる。

 “伊東純也擁護論”が盛んに飛び交う中、西は4日夜に自身のYouTubeチャンネルで箕輪氏との対談動画を公開。この対談において、箕輪氏は「伊東選手が飲み会行くはずがない」「あんな陰キャラの人が、初対面の女性とそんな話すわけがない」といった声を受けて、ファン・サポーターが抱いている選手像と実際に姿にギャップがあることを指摘。その上で「そういった声は、逆に伊東選手にとってもしんどいと思う。『飲み会くらい行くわ』と(思っているだろう)」とコメントを残している。

 また西もひとりのサッカー選手という立場で「サッカー選手を皆さんどう思っているのか分からないですけど、ここまで綺麗なものではない。ナイトマッチの後とか寝れなかったりする。むしろ(飲み会に)行きたいんですよ」とサッカー選手のリアルを語っている。

 そしてサッカー選手の飲み会事情に話題が及ぶと、箕輪氏は「アスリートにまで清廉潔白を求め始めたら、世の中つまらなくなると思う。大谷翔平みたいな人がいてもいいけど」と持論を展開したが、西は「僕知らないですけど、大谷翔平も遊んでいますよ」と主張。これに対して箕輪氏は「あの人はそうじゃない気がするけど。お酒飲まないとしても、絶対に発散はしていますよね。そうでなかったら、やばいですからね」と、日本トップアスリートのストレス発散方法を推察した。

 北海道日本ハムファイターズ在籍時から、先輩からの飲み会の誘いを断り、黙々とトレーニングに励んでいたことで知られている大谷。「野球にしか興味がない」「女性と遊んだり飲んだりするイメージがない」といった世論が形成されているだけに、箕輪氏と西の発言がどのように受けとめられるか気になるところだ。

https://football-tribe.com/japan/2024/02/05/294833/

【【サッカー】元日本代表・西大伍が選手の女性問題・飲み会で激論「僕知らないですけど、大谷翔平も遊んでいますよ」】の続きを読む



(出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)
複数クラブが申告漏れ、全60クラブに適切な納税を行うよう通達 国税局の税務調査で判明、経営に影響する規模も 
1 八百坂先生 ★ :2023/11/10(金) 06:31:51.05 ID:9TVhHmda9
サッカーのJリーグに加盟する複数クラブが、国税局から申告漏れを指摘されていたことが9日、スポーツ報知の取材で分かった。
今年の春頃からの税務調査で、外国人選手の報酬に課される所得税や住民税が契約実態に見合わないケースが複数あったことが判明。
事態を重く見たJリーグはJ1~3の全60クラブに対し、適切な納税を行うよう通達を出した。修正申告となった場合、クラブ経営に影響を及ぼす規模となる可能性がある。

Jリーグの関係者によると、今春頃から各地の国税局が外国人選手に税務調査を行った。調査の中で、外国人選手の契約と納税が実態に即した形になっておらず、当局から修正申告が必要との指摘を受けたケースがあった。
G大阪は過去に所属した選手について指摘を受け、対応を進めているほか、名古屋なども対象になっている模様だ。

外国人選手の多くは国内で課される税について、クラブ側が負担する契約を結んでいる。クラブ側は外国人選手と契約する際、国内の滞在期間や契約年数などに応じて「非居住者」とするか、「居住者」として納税する。
滞在期間など様々な制限が課される「非居住者」とする場合は、所得税だけの24・42%が適用され、課税所得が4000万円を超える「居住者」の場合は、所得税や住民税などで55%以上となる。
1億円の報酬を受ける選手で、すべてが所得となるケースでは「非居住者」の課税は2442万円、「居住者」であれば、5500万円となる。その差額は3000万円以上になる。

関係者によると、複数のJクラブが税率の低い「非居住者」として申告していたとみられる。国税当局は選手の契約内容や居住実態などを調べた上で、約30%税率が高い「居住者に当たる」と判断した。

近年では引き抜きに対応するため、複数年契約を結ぶケースが増加したが、多くのクラブは「非居住者」として慣例的に行っていたとみられる。

Jリーグはこの日、スポーツ報知の取材に対し、「個別の事案について、基本的には各個人で対応することであり、Jリーグがコメントする立場にはないが、一部税務申告に対して見解の相違があったことは聞いております。本件にかかわらず、適切な税務対応を引き続き呼びかけていきます」とコメントした。

スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/1cd3f00bfd9f8baceb8ac389620c623308bea591

【【Jリーグ】複数クラブが申告漏れ、全60クラブに適切な納税を行うよう通達 国税局の税務調査で判明、経営に影響する規模も】の続きを読む



(出典 www.jfa.jp)
青森山田が27連続選手権切符で物議「マイナー化止まらない」「県予選やらなくていい」
1 征夷大将軍 ★ :2023/11/05(日) 19:45:43.73 ID:1Kv0VSJT9
 全国高校サッカー選手権の青森県予選決勝が5日に行われ、青森山田が9―0で八戸学院野辺地西に圧勝して27年連続29度目の全国切符を手にした。

 決勝は7年連続同一カードとなり、またまた青森山田が圧倒。FW米谷壮史(3年)が前半だけでハットトリックを達成するなどやりたい放題で、相手の野辺地西を子ども扱いした。

 青森山田の〝強すぎる問題〟は毎年議論を呼んでおり、今年もあまりにも強すぎるゆえにやはり物議を醸した。

 ネット上では「高校野球では27年連続とかありえない。高校サッカーのマイナー化が止まらないな」「青森県はもう1枠増やした方がいいな。昨年、一昨年くらいは決勝苦戦したが青森山田はもう県予選やらなくていいわ。つまらん!」などと青森県予選のあり方に一石を投じる意見が相次いだ。

圧倒的な実力を誇示し続ける青森山田。今季も高校サッカー界の主役であることは間違いない。

東スポ
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/281870

【【サッカー】青森山田が27連続選手権切符で物議「マイナー化止まらない」「県予選やらなくていい」】の続きを読む

このページのトップヘ