SDGs



(出典 www.enecho.meti.go.jp)
日本政府、太陽光パネルのリサイクル義務化へ 法制化検討
1 PARADISE ★ :2024/06/11(火) 12:49:10.43 ID:AajcyhpE9
 政府は使用済みの太陽光パネルのリサイクルを義務化する検討に入った。2030年代には耐用年数を迎えるパネルが大量発生する。埋め立て処分を減らして環境への負荷を抑える狙いがある。早ければ25年の通常国会に関連法案を提出する。

太陽光発電は固定価格買い取り制度(FIT)が始まった12年以降に導入が急拡大した。耐用年数は20~30年といわれる。30年代半ば以降には大量廃棄のピークが訪れる。

環境省は処理...

以下ソース
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA29AVP0Z20C24A5000000/

【【太陽光】日本政府、太陽光パネルのリサイクル義務化へ 法制化検討】の続きを読む



(出典 courrier.jp)
「ノズルが凍りつく!」「ステーションに水素がない!」米国でトヨタの水素自動車ミライを手放す人が急増か 集団訴訟に発展
1 @おっさん友の会 ★ :2024/05/27(月) 11:20:35.14 ID:/D7lM/ud9
EV市場が冷え込んだ2023年、トヨタはハイブリッド車の売り上げを伸ばし、独り勝ち状態となった。

そして2024年5月には北米で水素事業本部を設立し、「未来の自動車」として普及を目指してきた水素自動車への投資も加速させている。

だが、ここにきて水素自動車「ミライ」に暗雲が立ち込めていると、米オンラインメディア「インサイドEVs」は報じる。一部のミライ所有者たちはトヨタに車両の買い戻しを求め、訴訟を起こすまでに至っている。

ミライ所有者の「3つの不満」

米国のミライ所有者たちの多くが批判するのは、水素燃料の供給インフラが圧倒的に不足している点だ。

「私が住んでいるサンフランシスコでは、もう水素燃料は手に入りません。でも、トヨタはこの車を売り続けています。こんなことが許されるのでしょうか」

続きはクーリエ・ジャポン
https://courrier.jp/news/archives/365408/

【「ノズルが凍りつく!」「ステーションに水素がない!」米国でトヨタの水素自動車ミライを手放す人が急増か 集団訴訟に発展】の続きを読む



(出典 tk.ismcdn.jp)
ホンダが研究費1兆円、1台あたりトヨタの2倍 EVに大半
1 蚤の市 ★ :2024/05/10(金) 18:26:08.25 ID:/u45nL8H9
ホンダは10日、2025年3月期に研究開発費で過去最大の1兆1900億円を投じると発表した。開発費は今期の1台当たりの販売目標で割るとトヨタ自動車を2倍以上だ。今期も2期連続で営業最高益を更新する見通し。北米でコスパの良いハイブリッド車(HV)などで稼ぎながら、電気自動車(EV)で米テスラや中国勢に対抗するために急アクセルを踏む。

「電動化やソフトウエアにかなりの開発投資が必要だ」。10日に記者...(以下有料版で,残り1300文字)

日本経済新聞 
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC095GA0Z00C24A5000000/

【ホンダが研究費1兆円、1台あたりトヨタの2倍 EVに大半】の続きを読む



(出典 lifehugger.jp)
日本人はプラ削減意識が低い? 国際調査で「最下位」
1 少考さん ★ :2024/04/27(土) 16:48:21.49 ID:7e21X7hv9
 日本人は環境汚染の原因となるプラスチック製品の削減に対する意識が低いかも―。地球規模の問題となっているプラごみ汚染に関する国際調査で、日本は多くの設問で最下位となった。環境保護団体グリーンピースが27日までに発表した。

 調査は2月、日本や米国、中国、ドイツなど19カ国の約1万9千人を対象に実施。汚染防止のため「プラスチックの生産量削減が必要」という意見に対する賛否では「強く同意」「ある程度同意」が合わせて68%で最下位だった。19カ国全体では82%。

グリーンピース・ジャパンの担当者は「プラごみ汚染に対する日本人の問題意識の低さが浮き彫りになった」としている。

共同通信
https://nordot.app/1156838585421644320

【日本人はプラ削減意識が低い? 国際調査で「最下位」】の続きを読む



(出典 otonano-shumatsu.com)
EV失速で「世界ハイブリッドシフト」が始まった!
1 お断り ★ :2024/04/21(日) 10:42:25.33 ID:cznAIGdL9
山本 これまで新聞や経済メディアはEVの不都合な部分を取り除いた上で、「これからはEVの時代だ!」と世論を煽る記事を展開してきました。しかし、自動車業界を長年取材してきた私は、その記事の論調に当初から疑問を持っていました。

山本 昨年、米国でハイブリッド車は約124万台売れました。この数字は前年比65%増です。当然、世界中の自動車メーカーがシェア獲得に動くと思います。

山本 これまで多くの新聞や経済メディアがトヨタのハイブリッド車について、「日本だけのガラパゴス技術」とか「EVシフトが加速している今、ハイブリッド車はオワコン」などと揶揄してきました。

詳細はソース 
https://news.yahoo.co.jp/articles/65f800828149b2e79a1fd9388a072c3891d881a0?page=4

【EV失速で「世界ハイブリッドシフト」が始まった!】の続きを読む

このページのトップヘ