ワクチン


ワクチン、新型コロナワクチンとも呼ばれる。 2021年5月時点で、接種開始済みから開発中まで、複数の方式や製造元のワクチンが存在する(mRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンなど)。…
286キロバイト (34,710 語) - 2022年9月20日 (火) 11:58
オミクロン株対応ワクチン接種間隔  現行5カ月⇒3カ月に短縮
1 朝一から閉店までφ ★ :2022/09/22(木) 04:34:28.59ID:J7gP5lPL9
<独自>ワクチンの接種間隔 5カ月から3カ月に短縮へ
2022/9/21 19:57

政府が、新型コロナウイルスのオミクロン株に対応した新ワクチンの接種間隔について、現行の5カ月から3カ月に短縮する方針を固めたことが21日、分かった。10月末までに専門家の了承を得たうえで早期導入を目指す。
この冬は、次の「第8波」がインフルエンザの流行と重なる可能性が懸念される。まずは重症化リスクの高い高齢者らへの接種を迅速に進め、人の往来が増える年末年始に備える狙いがある。
政府は今月20日から新ワクチンの接種を始めた。4回目をまだ打っていない60歳以上の高齢者や医療従事者を対象としている。
ただ、新ワクチン接種が始まる前の9月中旬に4回目の従来型ワクチンを受けた人の場合、接種間隔が5カ月のままだと、新ワクチンでの5回目接種が来年2月となる。年末年始に感染が拡大すれば間に合わない可能性が高い。
https://www.sankei.com/article/20220921-KZRX4B5I6ZL4VDQVQATTQPTTPU/

【【新型コロナ】ワクチンの接種間隔 5カ月から3カ月に短縮へ】の続きを読む


アンジェス株式会社は、遺伝子医薬開発を行う日本のバイオ製薬企業。 1984年、当時:徳島大学医学部酵素研究施設助教授の中村敏一(創業者)のグループが三菱化成と同時期に発見した肝細胞増殖因子の研究の発展となる、1999年12月、当時:大阪大学医学部助教授の森下竜一(創業者)による研究成果を基に発足。翌年6月、「メドジーン
14キロバイト (1,771 語) - 2022年8月6日 (土) 14:08
アンジェス 大阪「ワクチン」開発中止! 
1 Stargazer ★ :2022/09/08(木) 09:43:46.92ID:gaaqS9bm9
大阪府茨木市のベンチャー企業「アンジェス」は7日、新型コロナウイルスワクチンの開発を中止すると発表しました。
開発していたワクチンは、ウイルスの働きを抑える効果などが、期待する水準に至らなかったということです。
【アンジェス・山田英社長 7日】
「ご支援いただいた皆さまのご期待に応えることができず、今回このような発表になりましたこと、誠に申し訳ございません」
アンジェスはおととし、ワクチンの開発を始めると発表し、「大阪ワクチン」として期待されてきました。
しかし、去年11月には、治験で十分な有効性が確認できなかったと発表した上で、容量や接種する部位を変えて治験を続けていました。
期待された「大阪ワクチン」の開発断念で、同社は今後、変異株に対応したワクチンや、鼻から投与するタイプのワクチンの開発を始めることにしています。
https://www.fnn.jp/articles/-/414252
2020/4/12

(出典 i.imgur.com)

(出典 i.imgur.com)

(出典 i.imgur.com)

(出典 i.imgur.com)

(出典 i.imgur.com)

(出典 i.imgur.com)
2020/4/14

(出典 i.imgur.com)

(出典 i.imgur.com)

【【速報】「大阪ワクチン」実現ならず 大阪のベンチャー「アンジェス」が新型コロナワクチン開発を断念】の続きを読む


ワクチン忌避(ワクチンきひ、英語: vaccine hesitancy)または反ワクチン(英語: anti-vaccination)、ワクチン恐怖症(英語: vaccinophobia)とは、予防接種ワクチン接種)を受けたり子供に予防接種を受けさせたりすることを躊躇したり拒否したりすることであ
172キロバイト (23,522 語) - 2022年8月19日 (金) 03:30
ワクチン接種不要が3割・・・高校生までの保護者へのアンケート
1 NAMAPO ★ :2022/08/30(火) 22:17:47.83ID:EWdtG2xc9
新型コロナウイルスの感染拡大「第7波」の影響について、毎日新聞が全国の高校生
までの保護者に実施したアンケートでは、子どものワクチン接種やマスク着用に
ついても尋ねた。3割近い回答者が子どもにワクチン接種を受けさせるつもりがないと
回答。屋外の運動時にマスクを外している回答は27・2%(約4人に1人)にとどまった。
ワクチン接種について、子どもがワクチン接種の対象年齢ではないという保護者を
除いた回答者のうち、すでに受けさせたという回答は53・1%、「まだ受けさせて
いないが、今後受けさせるつもりだ」は12・3%で、6割を超える親が子どもにワク
チン接種を受けさせる意向があることがわかった。一方で、「まだ受けさせておらず
今後も受けさせるつもりはない」が27・5%に上った。
保護者自身のワクチン接種回数については、「3回」が60・8%を占めた一方で
「受けていない」が10・5%だった。「2回」は22・3%、「1回」は1・0%だった。
子どもにワクチン接種を受けさせる意向のない保護者のうち、自身については1~4回
の接種を受けた人が72・8%に上り、自分は受けるが子どもには受けさせない人が多数
を占める結果となった。一方、「受けていない」とする回答は26・4%に上った。
また、子どもにワクチン接種を受けさせる意向のない親にその理由を複数回答で尋ね
たところ、「副反応が心配だから」(20・1%)が最多。次いで「長期的な安全性が
不安だから」(12・2%)▽「ワクチンの効果が期待できないから」(9・3%)と
ワクチンに対し不信感を持っている様子が浮かんだ。また「子どもは重症化の心配が
ないと思うから」(4・7%)という回答もあった。
子どもにはワクチン接種を受けさせるつもりがないと回答した奈良県の未就学児の
母親は自由記述で、「子どもには副作用が怖いのでワクチン接種を受けさせる予定は
ない。そのため、感染しないか不安で仕方ない」とつづった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/269743f53e8291b476dde43a4b66303d44b001aa

【【ワクチン】子どもの接種「受けさせるつもりない」が3割「長期的な安全性が不安」「ワクチンの効果期待できない」】の続きを読む


2021年11月29日閲覧。  ^ オミクロンワクチン接種効果は?発症予防20週で10%程に - NHK:首都圏ナビ (2022年1月6日) ^ 欧州医薬品庁、9月末までにオミクロン対応ワクチン承認見通しを発表(EU) - ジェトロ:ビジネス短信 (2022年5月13日) ^ オミクロン対応ワクチン追加接種、免疫高める公算=欧州医薬品庁
103キロバイト (16,600 語) - 2022年8月29日 (月) 10:08
オミクロン対応新ワクチン、9月から18歳以上に無料接種!
1 ぐれ ★ :2022/08/30(火) 09:52:51.87ID:5flBKWN+9
 政府は新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に対応した新たなワクチンについて、10月半ばを想定していた接種開始を9月中に前倒しする方向で調整に入った。従来のワクチンを2回以上接種した18歳以上が対象で、無料で受けられる「臨時接種」とする方針だ。専門家分科会での審議と薬事承認を経て正式決定する。
 政府は現在、重症化予防を目的にした新型コロナワクチンの4回目接種を60歳以上と基礎疾患がある18歳以上などに限定している。新たなワクチンは、18歳以上で2回以上接種を終えていれば誰でも接種でき、大幅に対象が拡大する。
続きは↓
読売新聞オンライン: オミクロン対応の新ワクチン、9月から18歳以上に無料接種へ…開始前倒しで調整.
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220830-OYT1T50004/

【【新型コロナ】オミクロン対応の新ワクチン、9月から18歳以上に無料接種へ…開始前倒しで調整】の続きを読む


^ スペイン、コロナ感染累計300万人突破 ポルトガル国境閉鎖延長(REUTERS、2021年2月10日) ^ 新型コロナ ブラジルの感染者1000万人超える(TBS NEWS、2021年2月19日) ^ 『北日本新聞』2021年2月20日付8面『アフリカ死者10万超える コロナ第2で急増』より。
330キロバイト (37,684 語) - 2022年8月16日 (火) 23:54
第7波で重症者急増! ワクチン未接種者なら若い人も重症化
1 ボラえもん ★ :2022/08/20(土) 06:18:53.76ID:Lc3wjqkS9
 鹿児島県内で新型コロナウイルス感染の爆発的な拡大が続き、重症患者が急増している。
医療従事者の欠勤も相次ぐ中、重症者に対応するには通常より多くの人員が必要になる。
現場は「医療崩壊寸前。持病のない若い世代でも重症化する人が増えている。
せめて感染者数が頭打ちになるまでは感染リスクのある行動を控えて」と訴える。
 県内の新規感染者は、18日までの1週間だけで2万6000人を超え、前週の1.1倍と拡大が止まらない。
集中治療室(ICU)での治療または人工呼吸器が必要な重症者は、8月上旬まで1~5人で推移していたが、
14日に過去最多の11人になってから、16日時点で14人まで増えている。
 県は感染拡大を受け、コロナ病床を7月から段階的に増やし、重症者用は現在15医療機関に40床ある。
使用率は35%で、比較的余裕があるように映るが、
病院関係者の一人は「人工呼吸器を使うスタッフは高い知識や技術が求められ、
全ての重症者は受け入れられない病院も多い。実際はかなり逼迫(ひっぱく)した状態」と話す。
 鹿児島大学病院はコロナ用のICU6床が一時埋まり、1床増やした。
垣花泰之・救命救急センター長は「感染者がこれだけ多いためか、20代など若くて基礎疾患もないのに(突然心臓の機能が低下する)劇症型心筋炎になったり、
自宅で容体が重篤になってから運ばれてきたりする人が増えた。重症者はほぼワクチンを打っていない」と明かす。
 ICUでは通常、患者2人を看護師1人が見るのに対し、コロナの場合は患者1人に看護師2人が必要で、
4倍の人手がかかる。「重症者を1人受け入れると1カ月はベッドが空かない」といい、病床の目詰まりも懸念する。
 「各地の医療機関内で集団感染が次々に起き、脳梗塞など一般の急患を受け入れられる施設も減っている。
感染者がこれ以上増えると本当にまずい」と垣花センター長。「医療者の家庭内感染を抑えるためにも、
子どももワクチンを接種し、1~2週間は人混みに行くのをなるべく避けて。
自宅で嘔吐(おうと)を繰り返すなど消化器症状が出た感染者は、迷わず救急車を呼んでほしい」と求める。
https://373news.com/_news/storyid/161395/
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1660920582/

【【重傷者傾向】コロナ第7波で重症者急増 医師「若い人も重症化。ほとんどがワクチン未接種者」】の続きを読む

このページのトップヘ