新型コロナウィルス


ワクチン、新型コロナワクチンとも呼ばれる。 2021年5月時点で、接種開始済みから開発中まで、複数の方式や製造元のワクチンが存在する(mRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンなど)。…
286キロバイト (34,710 語) - 2022年9月20日 (火) 11:58
オミクロン株対応ワクチン接種間隔  現行5カ月⇒3カ月に短縮
1 朝一から閉店までφ ★ :2022/09/22(木) 04:34:28.59ID:J7gP5lPL9
<独自>ワクチンの接種間隔 5カ月から3カ月に短縮へ
2022/9/21 19:57

政府が、新型コロナウイルスのオミクロン株に対応した新ワクチンの接種間隔について、現行の5カ月から3カ月に短縮する方針を固めたことが21日、分かった。10月末までに専門家の了承を得たうえで早期導入を目指す。
この冬は、次の「第8波」がインフルエンザの流行と重なる可能性が懸念される。まずは重症化リスクの高い高齢者らへの接種を迅速に進め、人の往来が増える年末年始に備える狙いがある。
政府は今月20日から新ワクチンの接種を始めた。4回目をまだ打っていない60歳以上の高齢者や医療従事者を対象としている。
ただ、新ワクチン接種が始まる前の9月中旬に4回目の従来型ワクチンを受けた人の場合、接種間隔が5カ月のままだと、新ワクチンでの5回目接種が来年2月となる。年末年始に感染が拡大すれば間に合わない可能性が高い。
https://www.sankei.com/article/20220921-KZRX4B5I6ZL4VDQVQATTQPTTPU/

【【新型コロナ】ワクチンの接種間隔 5カ月から3カ月に短縮へ】の続きを読む


全国の保健所や医療機関において、新型コロナウイルス感染症患者の情報共有に用いられるほか、HER-SYSによって発行された陽性者登録の処理番号を新型コロナウイルス接触確認アプリ (COCOA) との連携によって共有するといった活用も行われている。 ^ 英語名称「Health Center Real-time information-sharing
5キロバイト (411 語) - 2022年7月13日 (水) 19:02
コロナ接触確認アプリ「COCOA(ココア)」機能停止へ
1 Stargazer ★ :2022/09/13(火) 12:44:58.52 ID:uS1jTWN99.net
 河野太郎デジタル相は13日の記者会見で、新型コロナウイルス感染者の全数把握簡略化を受けて、感染者との接触を通知する国のアプリ「COCOA(ココア)」は機能停止になると明らかにした
https://nordot.app/942262545987977216

【【速報】コロナ接触確認アプリ「COCOA(ココア)」機能停止】の続きを読む


新型コロナ 企業の半数以上が「5類」相当へ希望
1 蚤の市 ★ :2022/09/10(土) 11:00:10.31ID:Bzqp8ZO49
 新型コロナの感染症法上の位置付けについて、季節性インフルエンザと同等の扱いで就業制限などの措置がない「5類」相当への変更を望む企業が51.1%に上ったとする調査結果を、帝国データバンクが公表した。
 コロナは現在、「新型インフルエンザ等感染症」に分類され、就業制限や入院勧告、外出自粛要請などの措置が可能。岸田首相は時期を見極めながら変更を検討する考え。
 調査は8月18~31日に実施、1万1935社が回答した。5類相当を望む主な意見は「いつまでも経済活動が元に戻らない」「中小企業は大企業より人の余裕はなく、感染や濃厚接触で社員の自宅待機は相当な重荷」など。
共同通信
https://nordot.app/941070082388328448?c=39546741839462401

【【感染症法】コロナ「5類」希望が半数 感染症法位置付け企業調査】の続きを読む


アンジェス株式会社は、遺伝子医薬開発を行う日本のバイオ製薬企業。 1984年、当時:徳島大学医学部酵素研究施設助教授の中村敏一(創業者)のグループが三菱化成と同時期に発見した肝細胞増殖因子の研究の発展となる、1999年12月、当時:大阪大学医学部助教授の森下竜一(創業者)による研究成果を基に発足。翌年6月、「メドジーン
14キロバイト (1,771 語) - 2022年8月6日 (土) 14:08
アンジェス 大阪「ワクチン」開発中止! 
1 Stargazer ★ :2022/09/08(木) 09:43:46.92ID:gaaqS9bm9
大阪府茨木市のベンチャー企業「アンジェス」は7日、新型コロナウイルスワクチンの開発を中止すると発表しました。
開発していたワクチンは、ウイルスの働きを抑える効果などが、期待する水準に至らなかったということです。
【アンジェス・山田英社長 7日】
「ご支援いただいた皆さまのご期待に応えることができず、今回このような発表になりましたこと、誠に申し訳ございません」
アンジェスはおととし、ワクチンの開発を始めると発表し、「大阪ワクチン」として期待されてきました。
しかし、去年11月には、治験で十分な有効性が確認できなかったと発表した上で、容量や接種する部位を変えて治験を続けていました。
期待された「大阪ワクチン」の開発断念で、同社は今後、変異株に対応したワクチンや、鼻から投与するタイプのワクチンの開発を始めることにしています。
https://www.fnn.jp/articles/-/414252
2020/4/12

(出典 i.imgur.com)

(出典 i.imgur.com)

(出典 i.imgur.com)

(出典 i.imgur.com)

(出典 i.imgur.com)

(出典 i.imgur.com)
2020/4/14

(出典 i.imgur.com)

(出典 i.imgur.com)

【【速報】「大阪ワクチン」実現ならず 大阪のベンチャー「アンジェス」が新型コロナワクチン開発を断念】の続きを読む


ワクチン忌避(ワクチンきひ、英語: vaccine hesitancy)または反ワクチン(英語: anti-vaccination)、ワクチン恐怖症(英語: vaccinophobia)とは、予防接種ワクチン接種)を受けたり子供に予防接種を受けさせたりすることを躊躇したり拒否したりすることであ
172キロバイト (23,522 語) - 2022年8月19日 (金) 03:30
ワクチン接種不要が3割・・・高校生までの保護者へのアンケート
1 NAMAPO ★ :2022/08/30(火) 22:17:47.83ID:EWdtG2xc9
新型コロナウイルスの感染拡大「第7波」の影響について、毎日新聞が全国の高校生
までの保護者に実施したアンケートでは、子どものワクチン接種やマスク着用に
ついても尋ねた。3割近い回答者が子どもにワクチン接種を受けさせるつもりがないと
回答。屋外の運動時にマスクを外している回答は27・2%(約4人に1人)にとどまった。
ワクチン接種について、子どもがワクチン接種の対象年齢ではないという保護者を
除いた回答者のうち、すでに受けさせたという回答は53・1%、「まだ受けさせて
いないが、今後受けさせるつもりだ」は12・3%で、6割を超える親が子どもにワク
チン接種を受けさせる意向があることがわかった。一方で、「まだ受けさせておらず
今後も受けさせるつもりはない」が27・5%に上った。
保護者自身のワクチン接種回数については、「3回」が60・8%を占めた一方で
「受けていない」が10・5%だった。「2回」は22・3%、「1回」は1・0%だった。
子どもにワクチン接種を受けさせる意向のない保護者のうち、自身については1~4回
の接種を受けた人が72・8%に上り、自分は受けるが子どもには受けさせない人が多数
を占める結果となった。一方、「受けていない」とする回答は26・4%に上った。
また、子どもにワクチン接種を受けさせる意向のない親にその理由を複数回答で尋ね
たところ、「副反応が心配だから」(20・1%)が最多。次いで「長期的な安全性が
不安だから」(12・2%)▽「ワクチンの効果が期待できないから」(9・3%)と
ワクチンに対し不信感を持っている様子が浮かんだ。また「子どもは重症化の心配が
ないと思うから」(4・7%)という回答もあった。
子どもにはワクチン接種を受けさせるつもりがないと回答した奈良県の未就学児の
母親は自由記述で、「子どもには副作用が怖いのでワクチン接種を受けさせる予定は
ない。そのため、感染しないか不安で仕方ない」とつづった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/269743f53e8291b476dde43a4b66303d44b001aa

【【ワクチン】子どもの接種「受けさせるつもりない」が3割「長期的な安全性が不安」「ワクチンの効果期待できない」】の続きを読む

このページのトップヘ