健康



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)
ビールロング缶1本以上で大腸がんリスク 厚労省が初の飲酒ガイドライン
1 首都圏の虎 ★ :2024/02/20(火) 07:47:33.86 ID:m5gDPvBP9
厚生労働省は19日、飲酒のリスクや体への影響をまとめた初のガイドラインを発表した。年齢や性別、体質、疾病別で異なる飲酒による健康リスクを示したほか、酒量より「純アルコール」の摂取量に着目することが重要としている。

指針によると、大腸がんの発症リスクを高める飲酒量の目安は、1日当たりビールロング缶1本に相当する約20グラム(週150グラム)以上などと例示。特に高齢者は体内の水分量の減少などで酔いやすく、飲酒量が一定量を超えると認知症が発症する可能性が高まる。

また、10~20代は脳の発達段階にあり、多量の飲酒で脳機能が低下するとのデータがあり、高血圧などのリスクが高まる可能性もある。女性は男性よりもアルコールの影響を受けやすく、少量でも肝硬変のリスクが高まるという。

指針では、健康リスクを減らすために、酒に含まれる「純アルコール量」を用いた健康管理を勧めている。純アルコール量は、アルコール度数と飲酒量、アルコール比重0・8の3つを掛けることで計算できる。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a65370a4554958a15752bf33f39e62b29b2c3e1
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1708331541/

【【健康】ビールロング缶1本以上で大腸がんリスク 厚労省が初の飲酒ガイドライン】の続きを読む



(出典 imgcp.aacdn.jp)
エナジードリンクやコーヒー飲み過ぎで『カフェイン中毒』の恐れ 「5年で3人死亡」の調査結果も 経験者は「依存状態。手が震える」
1 首都圏の虎 ★ :2024/02/16(金) 16:37:40.71 ID:phhgwOY29
入試シーズン真っただ中。夜遅くまで勉強していると、眠気覚ましのために「カフェイン」をとる受験生も多いが、医師からはこんな警鐘が…

都立小児総合医療センター 岸部 峻医師:最近、ちまたで販売が増えているエナジードリンクとかコーヒーの過剰摂取によって、『カフェイン中毒』が疑われて受診する方がいます。受験シーズンとかっていうのが確かに増える傾向にあるのかなと

試験前に「カフェイン」が含まれるエナジードリンクやコーヒーを飲みすぎて中毒となり、体調不良を訴える受験生がいるという。

■「テスト前に飲む」「週5本は飲む。おいしい」
10代・20代の若者からは、「エナジードリンク」をよく飲むという声が聞かれた。

10代・学生:テスト前とか長い時間、起きてないきゃいけない時とかはたまに飲みます。暗記の追い込みの時に長く起きていられるので

20代・スポーツジム勤務:モチベーションになるんで、毎日飲んでます。飲みすぎると、動いてないと落ち着かなくなっちゃって。夜とか、急に部屋の掃除しだしちゃう

20代・学生:週に5本は飲んでいると思います。フルーツ味とか出ていて、甘くておいしいなって思います

日本体育大学の調査では「エナジードリンクを飲んだことがある」と答えた割合は、高校生で半数以上、小学生でも4割近くとなっている。

■過剰摂取で中毒症状の恐れ 5年間で3人が死亡
カフェインを含む飲み物は、適量であれば眠気を覚ます効果などがあるとされている。しかし過剰に摂取すると、めまいや動悸など中毒症状を引き起こす恐れがある。

2022年、8歳の男の子がエナジードリンクを一気飲みした後に気分が悪くなり、救急外来を受診した。診断は「カフェイン中毒の疑い」。

学会の調査によると、2011年からの5年間で101人がカフェイン中毒により救急搬送され、そのうち3人が亡くなっている。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/3db15622c31e8bfcd39f04e05586614c3d97215a

【【健康】エナジードリンクやコーヒー飲み過ぎで『カフェイン中毒』の恐れ 「5年で3人死亡」の調査結果も 経験者は「依存状態。手が震える」】の続きを読む



(出典 www.kisoji.co.jp)
木曽路で集団食中毒 160人以上が下痢やおう吐の症状 ノロウイルス検出 刺身定食や恵方巻きなどを食べたという
1 シャチ ★ :2024/02/14(水) 18:25:50.40 ID:a6/lNIMW9
東京・足立区の和食レストランの「木曽路」でノロウイルスによる食中毒が発生し、これまでに163人が下痢などの症状を訴えていることがわかりました。

食中毒が発生したのは、東京・足立区の和食レストランの「木曽路 西新井店」です。

足立保健所によりますと、先月30日から今月3日にかけて、この店で刺身定食や恵方巻きなどを食べた6歳から88歳までの163人が下痢やおう吐などの症状を訴えたということです。

このうち、8歳の男の子を含む3人が下痢などの症状が重く、入院したということです。

足立保健所はノロウイルスによる食中毒と断定し、今月6日から10日まで店の営業停止処分を行ったということです。

木曽路は「厳粛に受け止め、衛生管理を徹底してまいります」とコメントしています。

TBSテレビ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a1bea44eab30ead63a6cf4ec409e0587f283520c

【【足立区】木曽路で集団食中毒 160人以上が下痢やおう吐の症状 ノロウイルス検出 刺身定食や恵方巻きなどを食べたという】の続きを読む



(出典 www.ienomistyle.com)
サッポロビール、「ストロング系飲料」を今後販売しない方針…健康リスクに対し
1 おっさん友の会 ★ :2024/02/14(水) 10:19:50.44 ID:FApQrJvk9
 サッポロビールがアルコール度数8%以上の「ストロング系」と呼ばれる缶酎ハイの新商品を、今後発売しない方針を固めたことが13日、分かった。健康リスクが問題になっており、販売を抑制する。

 アサヒビールも既に同様の方針を明らかにしている。ストロング系は安く手軽に酔えるとして需要が根強い。人気商品の多いサントリーとキリンビールの対応が焦点となりそうだ。

 アサヒは「健全で持続可能な飲酒文化を目指す」とする一方、業界内では「アサヒとサッポロは事実上の撤退ではないか」との見方も出ている

 サッポロが現在販売しているのは9%の「超男梅サワー」のみ。アサヒも、現在は9%の1商品だけに減らしている。 

東京新聞(共同通信社) 
https://www.tokyo-np.co.jp/article/309014

【【健康】サッポロビール、「ストロング系飲料」を今後販売しない方針…健康リスクに対し】の続きを読む



(出典 i.gzn.jp)
断酒するとわずか2~3週間で肝臓の健康状態が改善してがんや脳卒中のリスクも減る 脳機能改善や睡眠の質向上も
1 ごまカンパチ ★ :2024/02/12(月) 19:24:44.86 ID:BV+dV/8k9
お酒に含まれるは人の気持ちをリラックスさせたり高揚させたりして、気持ちのいい「酔っ払った状態」をもたらしますが、
長期間にわたってお酒を飲み過ぎるとアルコールを分解する肝臓に多大な負担がかかります。
イギリス・プリマス大学の肝臓専門医であるアシュウィン・ダンダ氏が、「アルコールを断つと肝臓にどのようなメリットがあるのか?」について解説しています。

https://gigazine.net/news/20240210-quit-alcohol-liver-benefits/

肝臓は人体最大の臓器で、多種多様な機能の中にアルコールの分解があります。
大量のアルコールを飲み続けると肝臓に中性脂肪がたまる脂肪肝という状態になり、放置していると肝臓に炎症が引き起こされます。

この炎症を治癒する過程で瘢痕(はんこん)組織が形成され、肝臓が硬化してでこぼこした形になってしまうのが肝硬変です。

肝硬変の後期には肝臓がうまく機能しなくなり、皮膚や白目が黄色に変色する黄疸(おうだん)が出るほか、体液によって足がむくんだり腹水がたまったりします。

肝機能の低下に伴って肝性脳症と呼ばれる意識障害が起こることもあり、最終的に肝不全で死亡してしまうこともあります。

ダンダ氏は、純アルコール換算で20g(アルコール度数5%のビール500ml、アルコール度数14%のワイン180ml)を「1単位」として、1週間に14単位を超えた量のアルコールを定期的に飲むほとんどの人は脂肪肝を持っていると指摘しました。

脂肪肝は最終的に肝硬変や肝不全に至る危険な兆候ですが、幸いなことに脂肪肝の人はアルコールを断ってから2~3週間で肝臓が治癒し、まるで真新しい臓器のように機能するとダンダ氏は説明しています。

また、肝臓の炎症や軽度の瘢痕組織がある人でも、アルコールをやめてから7日以内に肝臓の脂肪や炎症、繊維組織が顕著に減少するとのことで、数カ月間アルコールを断てば肝臓は治癒するそうです。

また、より重度の瘢痕組織や肝不全を伴う人であっても、数年間アルコールを断てば肝不全の悪化や死亡のリスクが低くなります。

しかし、大量にアルコールを飲んでいる人は身体的にアルコール依存の状態であるため、いきなりアルコール摂取をゼロにすると震えや発汗、発作などの禁断症状に襲われることもあるそうです。

そのため、日常的に大量のお酒を飲んでいる人は、いきなりアルコール摂取量をゼロにするのではなく、徐々に量を減らしていく方がいいとダンダ氏は説明しています。

また、断酒するとメリットがあるのは肝臓だけでなく、脳機能が改善したり睡眠の質が向上したりするといったメリットがあることもわかっており、長期間アルコール摂取を避ければがんや心臓病、脳卒中などのリスクも減少します。

ダンダ氏は、「肝臓をいたわりたいなら、アルコールは飲まないでください。しかし、どうしても飲まなければならない場合は適量を守り、週に2~3日はアルコールを飲まない日を設けましょう。そうすれば、肝臓の魔法のような自己治癒力に頼らなくても健康を維持できます」とアドバイスしました。

What happens to your liver when you quit alcohol
https://theconversation.com/what-happens-to-your-liver-when-you-quit-alcohol-220490
関連スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1707553549/
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1707559517/
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1707733036/

【【健康】断酒するとわずか2~3週間で肝臓の健康状態が改善してがんや脳卒中のリスクも減る 脳機能改善や睡眠の質向上も】の続きを読む

このページのトップヘ