タレント


山崎怜奈のサムネイル
山崎 怜奈(やまざき れな、1997年〈平成9年〉5月21日 - )は、日本のタレント、ラジオパーソナリティで、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーである。東京都江戸川区出身。マウントケープ所属。身長164 cm。血液型はB型。郁文館中学校・高等学校、慶應義塾大学環境情報学部卒業。…
64キロバイト (8,200 語) - 2024年7月16日 (火) 11:17

(出典 www.tfm.co.jp)
山崎怜奈 都知事選を振り返る「疲れた疲れた」「対あの人に向けて生きてるわけじゃない」
1 少考さん ★ :2024/07/17(水) 21:53:21.70 ID:Uy3TCMI79
同局での別の収録を終えた山崎は、急きょ同番組に出演することに。パーソナリティーのマンボウやしろ(47)が「都知事選おつかれ様でした」と切り出すと、山崎は「ねえ!」と抗議しつつ「ダレハナ(山崎の冠ラジオ)で全然その話触れないようにしてるのにさ」と苦笑い。

やしろから「ほぼ57人目の候補者ぐらいのストレス抱えてるんじゃないかっていう」と問われると、山崎は「私、全然出てないのに、労われる」といい、「会ったら『お疲れ様』って言いたかった」と言うやしろに、「疲れた、疲れた。美味しいもん食べたい」と投げやりに返答した。

さらに山崎は「ウイルス性胃腸炎になりながら、横たわりながら候補者のマニフェスト見たりとか、本読んだりとか、討論会見たりとか色々してたんですけどね」と選挙特番のために入念に準備したといいつつも、「ああ、でも申し訳ないよね、不勉強でね、やっぱ。でも、ほら伸び代はあるから、27歳だから」と、選挙後の“ある放送”を彷彿とさせるコメントを突如挟んだ。

(略)

やしろは「不勉強ってのはすいません、どのくだりですか?」と石丸氏とのやり取りを模したように質問すると、山崎は「まだ未来は長いから、これからね」と回答。するとやしろは「未来? 今、その話ししてました?」などと言い、最終的には「あ、そうですか。いやー、ちょっと勉強不足で答える必要もないですね。山崎さん、帰っていただいてよろしいですか?」と、今話題の“石丸構文”を再現し、山崎を笑わせた。

山崎は「でもまあいいんですよ」と言いつつ、「なんでこうなっちゃったんでしょうね?」と当時を振り返ると、そこにCreepy Nuts の楽曲「のびしろ」が流れ出し、「やばい、エールだ。泣いちゃう」と感極まった。

やしろが「伸び代しかない」といい「ただ、あのジャンルの伸び代、必要かどうかもあるけどね、“対あの人”に対しての」と疑問を呈すると、山崎は「別に“対あの人”に向けて生きてるわけじゃなから大丈夫全然」とキッパリ。

やしろが「この話題で大丈夫だった?」と、山崎の指の動きが終始落ち着きがないことを指摘すると、山崎は「頭の回転をすごい回していかないと、いろんなところに踏んじゃいけない地雷があるから(笑)」と“あの人”のことを暗に指し示した。

「私自身は相当元気だし、昨日もプロレス見に行って、“ウオーーッ”て声出してきて、その後お酒飲んで、陽気に帰ってきてるんで、全然大丈夫」といい、普段の山崎は人に恵まれて生きてるため「優しい大人、素晴らしい、若者を光の方に導いてくれる大人の方にしかついていかないんで」と最後は石丸氏に対してチクリ。「やっぱ未来に向かって生きていくのに必死だから」と締めくくった。

【写真あり】石丸氏になじられた山崎怜奈
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2351284/2/?yahoo&utm_source=yahoonews&utm_medium=referral&utm_campaign=photo
※全文はソースで。
https://news.yahoo.co.jp/articles/05301752f82a07c0709edc116487ec96881ab48e

【【ラジオ】山崎怜奈 都知事選を振り返る「疲れた疲れた」「対あの人に向けて生きてるわけじゃない」】の続きを読む


24時間テレビ 「愛は地球を救う」のサムネイル
24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(にじゅうよじかんテレビ あいはちきゅうをすくう、英: 24HOUR TELEVISION "LOVE SAVES THE EARTH")は、1978年から毎年8月下旬の土曜から日曜にかけて日本テレビ系列および沖縄テレビ放送で生放送されている日本の長時間
266キロバイト (31,506 語) - 2024年7月16日 (火) 20:18

(出典 contents.oricon.co.jp)
『24時間テレビ』“10年に1度の酷暑”でもチャリティーマラソン決行に批判噴出 「人が犠牲にならないと改めないの?」
1 jinjin ★ :2024/07/17(水) 23:16:06.00 ID:Rd/T6+p29
「人が犠牲にならないと改めないの?」『24時間テレビ』“10年に1度の酷暑”でもチャリティーマラソン決行に批判噴出

8月31日から9月1日にかけて放送が予定されている『24時間テレビ47』(日本テレビ系)。

7月16日に制作発表記者会見が行われ、「全国の児童養護施設に募金マラソン」のチャリティーランナーにお笑い芸人・やす子(25)が務めることが発表された。

「同番組のチャリティーマラソンは、第15回目となる’92年からスタートしました。その年によってテーマは異なり、基本的に1人のランナーが挑戦します。ただ、コロナ禍を含む’19年~’21年にかけては、リレー形式で実施されたことも。一昨年はEXITの兼近大樹さん(33)が100kmを、昨年はヒロミさん(59)が102.3kmを、ゴールの両国・国技館まで完走しました」(テレビ局関係者)

公式サイトによれば、今年のチャリティーマラソンは《寄付金の全額が目的別募金として全国600カ所以上の児童養護施設のために役立てられる》とのこと。  

さらに一般人を対象に、やす子とともに走る「チャリティー市民ランナー」約1000名の募集も開始された。

やす子は自らも高校時代に児童養護施設に入所していたといい、公表したコメントで《当時は、経済的に進学も諦めなければならない状況でした。そんな時に児童養護施設にランドセルや文房具を置いて行ってくれる人がいました》と回想。

その上で、《今回もっともっと多くの人に児童養護施設のことを知ってもらい一人でも多くの人が児童養護施設の子どもたちのことを気にかけてくれるよう、一生懸命走ります!》と意気込んでいた。

だが同番組の寄付金をめぐっては、不祥事が明るみになったばかり。’23年11月に日本テレビの系列局である日本海テレビの幹部社員が、10年にわたって寄付金や売り上げを着服していたことが判明。

会社の売り上げなど合計1100万円あまりを私的に流用し、そのうち264万円は『24時間テレビ』の寄付金だった。

「チャリティー番組の根底を揺るがす不祥事とあり、視聴者から打ち切りを求める声が多数上がっていました。さらに番組継続の発表に際しては、水卜麻美アナウンサー(37)が朝の情報番組をはしごして謝罪。一社員を矢面に立たせたことも火に油を注ぎ、同局への批判はいっそう高まりました」(前出・テレビ局関係者)

■“10年に1度の酷暑”でもマラソン決行…浮き彫りになる世間との感覚のズレ

さらに今年の夏は、“10年に1度の酷暑”と言われている。

夏場に実施される特別番組のマラソン企画では、昨年7月22日~23日にかけて放送された『FNS 27時間テレビ』(フジテレビ系)が炎上したことも記憶に新しい。

「100キロマラソン企画で井上咲楽さん(24)が唯一女性で完走しましたが、ほとんど倒れ込むようにゴールしました。地面に手をついて立ち上がることができない状態で、真っ先に駆け付けたのは東京ホテイソンのたけるさん(29)でした。そのため『本来はスタッフがすべきでは?』と、井上さんを放置していた番組の対応に批判が相次いだのです。この企画に参加した同局の山本賢太アナウンサー(26)も、マラソンによって疲労骨折したことを後日明かしていました」(前出・テレビ局関係者)

他局の事例とはいえ、実施時期が近い『24時間テレビ』も“二の舞”になる懸念が寄せられている。前出・テレビ局関係者は言う。

「やす子さんが何キロ走るかはまだ発表されていませんが、元自衛官とあって長距離マラソンを完走する体力は期待できるでしょう。また、好感度の高いやす子さんを起用することで、番組イメージを回復する狙いもあるのかもしれません。

しかし気候変動によって年々暑さが厳しくなっており、どれだけ体力に自信がある人でも健康リスクが高いのは一目瞭然。番組の“伝統”を守ることも大切かもしれませんが、世間との感覚のズレが顕著になりつつあるのではないでしょうか」
 
実際にネットニュースのコメント欄でも、真夏のチャリティーマラソンに否定的な声が相次いでいる。

《真夏に誰かを走らせるなんて、もうやめればいいのに》

《炎天下での24時間マラソンとか、やっぱり人が何人か犠牲にならないと改めないのか?》

《こんなクソ暑い時期に走らされてかわいそうに。 走らせるんじゃなくて普通に各養護施設への寄付を呼びかけたらええやん》

《日本の夏の気温は殺人的な状況なのに、なぜ?マラソンを続けるの? 日テレさん!チャリティーを考えることよりも前に走る人の身体と命をもっと大切に考えてください》

https://news.yahoo.co.jp/articles/be32c5bd4c723e356cd469a00a28ecbec7b35033

【【芸能】『24時間テレビ』“10年に1度の酷暑”でもチャリティーマラソン決行に批判噴出 「人が犠牲にならないと改めないの?」】の続きを読む



(出典 hochi.news)
松本人志(60)“出廷妨害”に新証言 Ⅹ氏が実名告発「田代弁護士の脅迫をすべて明かす」
1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/07/17(水) 12:02:35.40 ID:PUEd6mOS9
 先週号の記事に対する松本側の反論は驚くべき内容だった。松本本人が探偵への依頼を了承していた事実やX氏への脅迫めいた言動を認めた。そのX氏が今回実名で取材に応じ、松本側による出廷妨害のすべてを証言する。

▶Ⅹ氏が実名告発「田代弁護士の脅迫をすべて明*」
▶被害女性たちが連続反論「A子さんを孤立させない」

「『週刊文春電子版』掲載記事について」と題されたA4用紙7枚の反論文に目をやりながら、男性は、意を決したように語り始めた。

「あの日、私が田代政弘弁護士からA子さんに証言台に立たないようにしてほしい旨の打診を受けたことは、紛れもない事実です。私がその申し出を拒絶したのは、何より『性的行為を強要された』とするA子さんの話が真実であり、松本人志氏のおぞましい行為に憤りを感じているからです」

 さらに、こう続ける。

※以下有料記事
https://bunshun.jp/denshiban/articles/b9145

【【文春】松本人志(60)“出廷妨害”に新証言 Ⅹ氏が実名告発「田代弁護士の脅迫をすべて明かす」】の続きを読む



(出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)
「だいぶすべってる」松本人志、久々のX更新で芸人仲間反応も「堂々とすればいいのに」集まる「センス」への疑問
1 Anonymous ★ :2024/07/15(月) 22:38:40.05 ID:uj23/yT09
《ポスト、リポスト普通にしょうと思ってます。当たり前の権利やし。》

 2024年7月14日、ダウンタウン・松本人志が数カ月ぶりにXへ文章を投稿し、今後は定期的にSNSを更新していくことを宣言した。

 松本の性加害問題が『週刊文春』に報じられてから、約7カ月。松本は、一連の報道を名誉毀損として、発行元である文藝春秋社と編集長に約5億5000万円の訴訟を起こしている。長らく沈黙を保ってきたが、ここ数日、松本の周辺はにわかに慌ただしくなっている──。

 そんななか、7月には、性被害を訴えているA子さんにつきまとう探偵が複数おり、松本の代理人である田代政弘弁護士の依頼であると認めたことが同誌に報じられていた。田代弁護士は、A子さんと親交のある男性に接触し、A子さんに出廷させないよう「妨害工作」を試みたと伝えられている。

「田代弁護士は、所属する八重洲総合法律事務所の公式HPに文書を掲載。事務所宛に寄せられた匿名情報をもとに、探偵へA子さんの尾行を依頼したと認めています。ただ、匿名の情報に関しては《「週刊文春」が関与していたのではないかとの疑念が払拭できません》と主張しています」(芸能記者)

 7月11日、『ミヤネ屋』(日本テレビ系)がこの話を報じると、松本は無言のまま文書画像をポスト。松本の代理人弁護士らによる、番組内での発言に対する抗議文をアップしていた。

 そこへきて、今回の《当たり前の権利やし》宣言だ。実際、3月の《世間に真実が伝わり、一日も早く、お笑いがしたいです。》というポスト以降は、リポストばかりだった松本だが、今回の投稿では、反応した芸能人らの声にも次々と反応。三村マサカズからの《普通に飲みましょう。》というお誘いに、《あっ!この人知ってる》《了解です》などと“ご機嫌”で返事している。

 だが、事実関係の白黒もついておらず、記者会見を開く予定があるわけでもない。なぜこのタイミングでのX再開なのか、不明瞭な点ばかりだ。Xでは、松本の一連の立ち回りに「センスなくなった」といった厳しい声が寄せられている。

《ダウンタウン松本はだいぶすべってる存在になったなー》

《別に誰も止めてないでしょ ほんとに面白くなくなったよね...いなくてもなんの問題もないことわかったしね...》

《いちいち怯えてないで普通にしゃべれば良いのでは?堂々とすれば良いのに、後ろ暗い事があるからコソコソXするダサ男になってしまった》

《松本人志さんツイッター再開したけど仲間内の応援メッセージに応えるだけで、そんな事は普通にLINEでやればいいのに。と思っています。なんかダサいな。》

 着地点を見失ったかのような言動が続くが、はたして松本には復帰の道筋が見えているのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7421e715c478e2cea3a7d6fb777416ceed86794b

【「だいぶすべってる」松本人志、久々のX更新で芸人仲間反応も「堂々とすればいいのに」集まる「センス」への疑問】の続きを読む



(出典 contents.oricon.co.jp)
元モー娘。田中れいな(34)、結婚&妊娠を報告
1 爆笑ゴリラ ★ :2024/07/15(月) 18:13:38.17 ID:XbAkVqHF9
元モーニング娘。のメンバーでタレントの田中れいな(34)が15日、自身のインスタグラムを更新し、結婚と第1子妊娠を報告した。

 田中は「いつも応援してくださるファンの皆様、そしてお世話になっている関係者の皆様へ」の書き出しで「私事ですがこの度結婚する事になり、お腹に新たな命を授かっている事をご報告させていただきます」と公表。

 続けて「昔から自分がママになる事が夢だったのですごく嬉しいです!自分が想像出来ないような出来事がこれからたくさんあるんだろうなと思うと少し不安もありますが、ワクワクする気持ちでいっぱいです」と思いをつづった。

 今後については「お仕事も変わらず続けていきたいので、また皆さんとも会えたらいいなと思っています!」と伝え「田中れいなの新たな人生のスタートとしてもっと頑張っていきたいと思っていますので今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします」とメッセージしている。

 田中は、1989年11月11日生まれ、福岡県出身。モーニング娘。の第6期メンバーとしてデビューし、2013年5月に卒業した。15年7月、ツインボーカル&ツインギターバンド・LoVendoЯ(ラベンダー)としてシングル「いいんじゃない?/普通の私 ガンバレ!」でメジャーデビューを果たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8e1ecdbd0210311eaae00dddb863e6db583d97d

【【芸能】元モー娘。田中れいな(34)、結婚&妊娠を報告】の続きを読む

このページのトップヘ