女優



(出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)
広末涼子が鳥羽周作シェフと二人っきりで「埼玉の蕎麦屋デート」
1 ひかり ★ :2024/05/23(木) 20:42:38.30 ID:6ixtPznn9
埼玉県内の隠れ家的な蕎麦屋で談笑する一組の男女。日本中の注目を集める二人だが、変装しているような気配はない。世間を大いに騒がせたW不倫報道から約1年が経ったこの日、二人きりのデートを楽しんでいたのは女優の広末涼子(43)と料理人の鳥羽周作氏(46)である。

5月中旬の昼下がり、蕎麦屋で1時間ほどデートを楽しんだ二人は、一緒の車に乗って店を去って行った。

「広末は昨年6月に鳥羽氏とのW不倫が『週刊文春』によって報じられ、7月には夫だったキャンドル・ジュン氏(50)との離婚を発表。騒動以降、芸能活動は休止していましたが、今年2月に独立して新たに個人事務所を設立し、4月には離婚後初めて公の場に姿を見せました。今後、女優として本格復帰を目指していくのでしょう」(スポーツ紙芸能担当記者)

芸能活動を再開していくなか、鳥羽氏との交際は破局するどころかむしろ深まっていたようだ。鳥羽氏の知人が語る。

「鳥羽と関係を続けるにあたって、広末さんにとっての最大のネックが3人の子供たちでした。不倫報道が出た時期は、広末さんの子供たちと鳥羽との仲はあまりよくなかった。ただ、最近になって子供たちが鳥羽に懐くようになったそうです。広末さんとしては、一番気がかりだった問題を解消できたんですね。これによって、二人は心置きなく会えるようになったのでしょう。最近の鳥羽はsioの代表取締役に復帰したり、自身がプロデュースする新店を新スポット『ハラカド』にオープンさせたりと、仕事も広末さんとの関係も順調です」

互いの離婚を経て、現在も交際関係が続いていることは確かなようだ。本誌が目撃した蕎麦屋デートについて、都内で広末本人に直撃した――。5月24日発売の『FRIDAY 6月7・14日号』では、二人の蕎麦屋デートの様子や広末が直撃取材に語った内容を詳報。有料版『FRIDAY GOLD』では、広末と鳥羽氏のデート写真を掲載している。
FRIDAYデジタル

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e06e6f1cb9e9b5e894ef5e14b0bdd2110016063

(出典 i.imgur.com)

【【独占スクープ!】広末涼子が鳥羽周作シェフと二人っきりで「埼玉の蕎麦屋デート」】の続きを読む



(出典 contents.oricon.co.jp)
新垣結衣「火のないところに煙が立っているようですが、いま騒がれ噂されている件に事実はひとつもありません」
1 Anonymous ★ :2024/05/23(木) 08:43:01.02 ID:dhtDkcur9
 女優の新垣結衣(35)が、23日までに自身の公式X(旧ツイッター)を約1年半ぶりに更新。ネット上のうわさを否定した。

 2022年8月に公式Xを開設した新垣。「こちらは、なりすまし発生防止を目的としたアカウントです。情報発信や本人がつぶやく予定はございません。ご了承くださいますようお願いいたします」とし、開設当初に自身の写真を一枚投稿して以降、全く運用していなかったが、この日、プロフィール文に新たな文言が追加された。

 「火のないところに煙が立っているようですが、いま騒がれ噂されている件に事実はひとつもありません。心配してくださっている皆様、ご心配なく。」

 ネット上では新垣の夫でシンガー・ソングライター、俳優の星野源が不倫したのではないかなどのうわさが拡散されているが、自身の言葉で明確に否定した。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/05/23/kiji/20240523s00041000162000c.html?amp=1

【【芸能】新垣結衣「火のないところに煙が立っているようですが、いま騒がれ噂されている件に事実はひとつもありません」】の続きを読む



(出典 upload.wikimedia.org)
新垣結衣(35)失敗か
1 o(^・-・^)o ★ :2024/05/23(木) 00:36:28.28 ID:TZs4XbQv9
9日、女優の新垣結衣(35)が、都内で開かれた主演映画『違国日記』(6月7日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。眉毛の上で切りそろえた〝オン眉〟のパッツン前髪で登場した新垣だが、今までのイメージとは大きく異なった姿に、一部のファンの間では不評の声が上がっているようだ。

印象がガラリと変わった…
「正直に言うと私は似合わないと感じる」

「最初出てきたとき、あれ?誰? ガッキー?って感じでした」

「この髪型、似合う人はめっちゃ似合うんですけどね。似合わないタイプの人かな」

「びっくりしました」

「おかしい!似合わないなぁ」

「結婚してから顔、表情が変わってしまったような… 幸せじゃないのかな?」

「なぜ、その髪型に」

など、違和感を感じるという声も多かったが、

「相変わらず可愛かった」

「すごく可愛いです」

「結果的に可愛いは変わらない」

との声も見られ、賛否両論のようだと、エンタナビは報じた。

https://news.goo.ne.jp/iw/255802/%E6%96%B0%E5%9E%A3%E7%B5%90%E8%A1%A3%2835%29%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%81%8B%E3%80%82

【【芸能】新垣結衣(35)失敗か】の続きを読む



(出典 contents.oricon.co.jp)
ファーストサマーウイカとは何をされている方なのでしょう?
1 朝一から閉店までφ ★ :2024/05/17(金) 10:23:34.55 ID:/gAvEnO69
『光る君へ』で清少納言役を好演中のファーストサマーウイカさん。SNSに投稿した自虐風ポストが話題に。

13日、タレントで女優のファーストサマーウイカさんが、自身のX(旧ツイッター)を更新。

NHK大河ドラマ『光る君へ』のワンシーンを使った自虐風の内容が注目を集めています。

「さあ?」と首を傾げる清少納言のウイカ

放送中のNHK大河ドラマ『光る君へ』で、ききょう(清少納言)役を好演中のウイカさん。女優の吉高由里子さん演じる主人公・まひろ(紫式部)の良き友人であり、ライバルでもある役どころです。

そんなウイカさんが13日夜、「#光る君へ」のハッシュタグと共に投稿したポストしたのは「大河で私を知って下さった方の総意」という一文。

投稿には、『光る君へ』で、ききょうが「さあ?」首を傾げるシーンに「ファーストサマーウイカとは内をされている方なのでしょう?」という字幕を入れた、”自虐風”の画像が。

芸人だと勘違いしていた人も?

ウイカさんのポストに、ユーザーからは「恥ずかしながら芸人さんだと思っていた」「うちの母がそうでした笑 『この清少納言役の人誰? 有名な人なの?』って笑」「大河のオープニングであの文字数を使ってより深まった謎...」などの声が集まっています。

ファーストサマーウイカという名前から、芸人だと勘違いした人もいるよう。しかし、元々彼女は劇団出身で、2013年にはアイドルグループ・BiSのオーディションに合格し、メンバーとしても活動していたことは、ファンの間では広く知られています。

旧芸名は「初夏(ういか)」
https://mdpr.jp/news/detail/4277887

【【芸能】ファーストサマーウイカとは何をされている方なのでしょう?】の続きを読む



(出典 www.crank-in.net)
石原さとみ、輝かしいキャリアに“焦り”「自分で自分に飽きてしまっていた」
1 ネギうどん ★ :2024/05/17(金) 12:39:39.53 ID:KMHxl+L+9
 2003年に『わたしのグランパ』でスクリーンデビューした石原さとみ。そこから21年という歳月が流れたが、「新人のつもりで現場に入った」という主演映画『ミッシング』が公開を迎える。7年前、メガホンをとった吉田恵輔監督(※吉=つちよし)に、石原自ら「吉田監督の作品に出演したい」と直談判し、紆余曲折を経て完成した映画が今作だ。なぜそこまで石原は吉田監督の現場にこだわったのだろうか。そこには石原の強い思いがあった。

石原さとみ、中村倫也、青木崇高「ともに闘って乗り越えた」19年ぶりの共演

■吉田監督の映画『ヒメアノ~ル』での森田剛の演技に衝撃

 NHK連続テレビ小説『てるてる家族』での主演や、NHK大河ドラマ『義経』のヒロイン、数々の連続ドラマ…、輝かしい俳優人生を送っている石原。しかし本人は10代、20代、30代と年齢を重ねるごとに、さまざまな思いを抱えていたという。

 「10代は好奇心と勢いでやってきたのですが、20代になると、夢が叶っていく一方で、失うものもあることを学び、いろいろなことへの気づきがありました。さらに30代になった頃に『このままじゃいけない』と焦るようになっていったんです」と石原は言う。

 その焦りについて「自分で自分のことが飽きてしまっていた」と表現する。自分が飽きてしまっているのだから、世の中に飽きられてしまうのは必然だと感じたことが焦りにつながっていたのだ。

 「自分はどうやったら変われるんだろう、どうしても変わりたいという欲求が強く、かなりナーバスになっていました。そんな時、吉田恵輔監督の映画『さんかく』(2010年)を見て衝撃を受けたんです。その後も、吉田監督の作品はすべて拝見しているのですが、特に『ヒメアノ~ル』(2016年)に出演されていた森田剛さんが、これまでのパブリックイメージとは正反対の役をやられているのを見て、強烈な印象を残していて。「今の私には絶対にオファーが来ないような世界」だと感じました。でもその世界に行きたいと強く思って、監督に直談判しに行ったんです」。

 しばらくの時間が経ち、「やっぱりダメなのかな」と思っていた頃、「脚本を書きました」と連絡があったという。石原が吉田監督に直談判してから3年の歳月が流れていた。

 「連絡をいただいた時は、叫んでしまうくらいうれしかったです。『そう、こういうのをやりたかった!』と思って。絶対やりたいという気持ちしかなかったです」。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae9fec54d28982136bda53dde2e673013917dac3

【【女優】石原さとみ、輝かしいキャリアに“焦り”「自分で自分に飽きてしまっていた」】の続きを読む

このページのトップヘ