(出典 pbs.twimg.com)
やはりトヨタは正しかったのか? メルセデスベンツが2030年フルEV化政策を撤回!
1 nita ★ :2024/03/01(金) 06:11:10.85 ID:2HjkoIcp9
 世界各地でEVに異変が起きている。今度は大御所メルセデスが2030年の完全電動化を撤回すると発表した。こうなると、EV化の波に乗らなかった日本のクルマメーカーは正しかったのではなかろうか?

 2021年7月、「2020年代の終わりまでに、すべての販売車種を完全電気自動車(BEV)にする」と発表したメルセデスベンツ。そのドイツの大御所が宗旨替えを表明した。

 それが明らかになったのは、2023年2月22日にドイツ・シュツットガルトで開かれた同社の2023年通期の決算説明会。壇上に立ったオラ・ケレニウスCEOが「市場に製品を押し付けてまで、人為的にこの目標を達成しようとするのは理にかなっていない」とスピーチしたのだ。

 同社は2024年のxEV(電動車両の総称)のシェアが想定したようには伸びず、約19~21%にとどまると予想。その結果、来年度のグループ収益も2023年レベルに留まりそうだと発表した。

 これを受けてメルセデスの戦略はどうなるのか。まずは2030年にフル電動化されるはずだった同社のラインナップには、プラグイン・ハイブリッドなどの内燃機関モデルが引き続き存続することになる。

 これに関して驚くのは、メルセデスが新しいエンジンの開発も始めているということだ。各国のエンジン車の排ガス規制は今後ますます厳しくなっていくから、これをクリアするためには新型エンジンの投入が必要と判断した広くろう。

 この判断はプラットフォームにも影響する。メルセデスベンツは2022年に発表したEQEを皮切りに、BEV専用プラットフォームを広く用いる方向だった。

 ところがエンジン車存続を受けてこれを転換、新たにエンジン車とBEVが共用できる中・小型車向けのプラットフォーム(メルセデスベンツ・モジュラー・アーキテクチャ)を新開発するようだ。その第1号車として、近く新型CLAが登場するともアナウンスしている。

 長期的に見れば、自動車がBEVに置き換わっていく流れは止めようもないが、このところ世界各地でEVの失速が相次いでいる。

 たとえばアメリカでは、フォードやGMのBEVが長期在庫化しているというし、メルセデス同様2030年までにフルEV化を目指していた韓国ジェネシスは、急遽ハイブリッド車の開発を始めたことが明らかになった。

 ルノーが設立した電気自動車の専門会社「アンペア」も奮わない。1月末には、予想した株価が望めないとして、予定していた株式上場を先送りした。

 こうした雰囲気を増長しているのが、今冬に行われるアメリカ大統領選だ。ここでは前トランプ大統領が復帰する可能性が高まっているが、彼が当選すればパリ協定から再離脱を宣言することは確実で、アメリカのEV推進政策は水泡に帰すといわれている。

 こうなるとプラグイン・ハイブリッドが2030年以降も存続する可能性が高くなってきた。となると、日本車メーカーに追い風となることは間違いない。豊富なノウハウを生かして、環境にも優しい日本流のエコカーを作ってほしい。

ベストカーWeb
https://news.yahoo.co.jp/articles/5b23c56a1784c6d68507f36116977b2b16b03792

【【EV失速】やはりトヨタは正しかったのか? メルセデスベンツが2030年フルEV化政策を撤回!】の続きを読む



(出典 static.tokyo-np.co.jp)
お相手“有力候補”の女性アスリートは「昨年引退済み」「インスタ全消し」 渡米情報も
1 冬月記者 ★ :2024/03/01(金) 02:04:07.08 ID:cjoxFYLe9
 ドジャースの大谷翔平(29)が2月29日、〈新たなチームと新たな環境でのスタートとなりますが2人(1匹も)で力を合わせ支え合い、そしてファンの皆さまと共に歩んでいけたらと思っております〉とInstagramで結婚を報告した。

 お相手については、〈日本人女性です〉とだけ伝えており、詳しいプロフィールは明かされていない。プライベートも大きな注目を集める大谷だが、秘密主義で知られており、過去に熱愛報道が出たことはない。

 それだけにファンは新妻に興味津々で、ネット上では、さまざまな推察が飛び交っている。スポーツ紙記者が語る。

「結婚相手として、過去に熱愛説が出たことのある卓球元日本代表の石川佳純さんの名前がX上では取り沙汰されています。熱愛の噂自体は“2014年に行われたプロスポーツ大賞の授賞式で席が近かった”というところから出てきた根拠の薄いものですが、年齢が近いアスリート同士のため想像がふくらむ人々も多かったようです。 石川さんの誕生日が2月23日と結婚発表から近いこともあって、噂が再燃するような形で、〈お相手が石川佳純だったらいいな〉という声がちらほら上がっています」(スポーツ紙記者)

有力候補Aさんのプロフィールは

 大谷の恋愛観とは、どのようなものなのか。

「女性アナウンサーと結婚する野球選手は大勢いますが、大谷が“女性アナNG”なのは有名な話です。変に噂になるのを避けるためか、女性アナウンサーの個別取材は全て断るという徹底ぶりです。

 日本ハム在籍時代にインタビューで答えた内容をまとめると、『背が高く、スポーティーで爽やかな感じ。控えめで誠実で、知的な人』が好きなタイプのようです。パートナーに対して、華やかさよりも、しっかりした人柄を求めている印象です」(前出・スポーツ紙記者)

 謎に包まれた大谷のパートナー。前述の石川を含めて、SNS上では「この人じゃないか」と有名人の名前を挙げて想像する人が多いが、現地の野球記者が“有力候補”について「業界内で噂になっている女性がいる」と声を潜めて明かす。

「元女子バスケットボール選手のA子さんです。小学校から運動をはじめ、中学からバスケを始めたという筋金入りのスポーツ女子で、身長180センチ台の名門私立大学出身。世界を舞台に活躍した経験もあり、モデルのような活動したこともあります。大谷選手が語ってきた好きなタイプにぴったり一致します。

 A子さんは昨年、実業団を引退して、Instagramアカウントも削除しており、近況をオープンにはしていません。もうすでに渡米しているとの情報があり、球界は『もしや?』とA子さんの話題で持ち切りです」(現地の野球記者)

 大谷は結婚発表で、〈明日の囲み取材で対応をさせていただきます〉とコメントしている。3月1日、お相手についても語られるのかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a1fa6c54285112889f46c24a80c2a3a3e9c4845c

【《大谷翔平結婚》 お相手“有力候補”の女性アスリートは「昨年引退済み」「インスタ全消し」 渡米情報も】の続きを読む



(出典 encount.press)
指原莉乃 本日予定していた自身のプロデュースブランドのライブ配信を、諸事情により延期すると発表
1 冬月記者 ★ :2024/03/01(金) 00:54:30.18 ID:h7hqTFfd9
インスタライブでは3月1日発売の
PINK COLLECTIONを中心にご紹介します
是非ご覧ください
#Ririmew
#リリミュウ

(出典 i.imgur.com)
ririmew_official@ririmew

本日19時から予定しておりました
3月1日発売のPINK COLLECTION紹介の
インスタライブは諸事情により延期させて頂きます。

https://twitter.com/ririmew/status/1763041244312428772?t=LRmvsYVMCp1B_DXKHV35sw&s=19
https://twitter.com/thejimwatkins
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1709197966/
https://twitter.com/thejimwatkins

【【芸能】指原莉乃 本日予定していた自身のプロデュースブランドのライブ配信を、諸事情により延期すると発表】の続きを読む

このページのトップヘ