(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)
マフィンの食中毒騒動があぶり出した過剰な「添加物嫌い」…過去に山崎製パンが投じた一石
1 ばーど ★ :2023/11/26(日) 14:00:54.89 ID:mPpzq3Q49
今月11、12日に都内で開催されたイベント「デザインフェスタ」の会場で販売されたマフィンが原因で起こった、食中毒騒動が波紋を呼んでいる。

糸引きマフィン騒動で思わぬ脚光が…老舗「とらやの羊羹」の“30年日持ち”伝説は本当か?

マフィンを食べた人たちから嘔吐や腹痛などの訴えがあり、製造から5日ほど経過したものを冷蔵保存せず販売していた疑いが持たれている。マフィンを販売した焼き菓子店は「防腐剤、添加物不使用」など、“健康志向”をウリにしていた。

「今回の事態を招いたのは防腐剤などが使われていないにもかかわらず、食品管理がずさんだったためで、無添加が悪いと断じるのは早計です。ただ、一部で食品添加物への誤解があるのも確かでしょう」(消費経済アナリスト・渡辺広明氏)

無添加やオーガニックを好む人たちからは、食品添加物を禁忌する声も少なくない。

「本やメディアの影響で、コンビニ弁当が添加物まみれと批判されたことがありましたが、国に安全性が認められている添加物は消費期限が長くなる分、安価に提供できる、おいしさが長持ちする、食中毒の危険性をなくすなどメリットがあります。それでも添加物を取りたくない人がいるのは理解できますが、販売業者の考えやレベルはさまざまです」(渡辺広明氏)

今回のような事態を防ぐためにも、安全性を担保するさらなるルール作りが必要な一方、一層の注意喚起が消費者側にも求められている。

「無添加食品を取り入れるには相応のコストがかかると心得、購入の際はきちんと製造管理されたものか確認が必要でしょう」(渡辺広明氏)

過去に製パン大手の食パンなどに記載された「イーストフード、乳化剤不使用」という表記について、山崎製パンが疑義を呈したことがあった。

「食品衛生法に定められ、国際的に安全性が認められているイーストフードや乳化剤が安全でないかのような誤解を生むと山パンが主張したことで、こうした表記を取りやめる動きがありました」(経済ジャーナリスト)

無添加と表記されていても、実際は原材料に添加物が含まれているケースもあったという。

食品表示法では商品パッケージに食品添加物の明記を義務付ける一方、添加物不使用に関して規定がなかったため、消費者庁は2022年3月に「食品添加物の不使用表示に関するガイドライン」を策定。添加物の入った食品は危険という認識を改める狙いもあるとのこと。食品管理を徹底している大手はもとより、個人店が無添加食品を取り扱う際のルールの徹底が叫ばれている。

日刊ゲンダイDIGITAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/5242292cabb6e28a90da921cb0d3c410bd60e9b8
※関連スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1700878273/

【マフィンの食中毒騒動があぶり出した過剰な「添加物嫌い」…過去に山崎製パンが投じた一石】の続きを読む



(出典 data.smart-flash.jp)
“エッフェル姉さん 3泊5日のうち”研修は実質3時間 公文書から明らかになったパリでの空白の1日
1 バイト歴50年 ★ :2023/11/26(日) 15:13:30.09 ID:nxHfz0BO9
 大炎上した自民党女性局のフランス研修に、局長として参加した松川るい参院議員が、当初から1日しか参加しない予定だったことがAERA dot.が入手した外務省の「公電」という公文書から明らかになった。文書の日程通りであれば、松川氏の研修の時間は、実質3時間しかない。やはり観光の要素が強い研修だったと言わざるをえない。これでは“エッフェル姉さん”の呼び名は受け入れてもらうしかない。

<令和5年7月21日 電信案 在【添付有】フランス大使あて 外務大臣発>

<件名 便宜供与(松川るい参議院議員(自由民主党女性局長)ほか37名)>

 と書かれた文書がある。外務省が大使館などの在外公館との間で公式に送付する「公電」と呼ばれるものだ。

 AERA dot.はこれを含め、今年7月の自民党女性局の海外研修に関連する計9枚の公文書を入手した。

 松川るい参院議員から林芳正外相(当時)に送った文書や、林外相からフランスの日本大使宛てに送った文書には、国会議員の入国・関税手続きの簡素化、空港での送迎、各現場での大使館員の同行や通訳などの便宜供与の依頼などが書かれている。研修に参加する「団員名簿」もある。

■日程案には「前乗り」「先に帰国」

 さらに、「機密性2情報」と判がおされた「女性局海外研修 日程案」という文書があり、これには手書きで「松川るい議員」と書かれていた。

 公電などによると、研修期間は7月24日から28日まで、とあるが、松川氏と同行者(娘)については、23日9時50分発の便で「前乗り」し、27日17時55分羽田着の便で「先に帰国」とある。

 松川氏の日程案で詳しく見ると、松川氏と娘は、23日16時50分にフランスのシャルル・ド・ゴール空港(パリ)に到着後、18時30分にホテル着。

 そして、翌24日は「午前」「昼」「午後」といずれも

<調整中>

 となっている。他のメンバーがフランス入りし、ホテル到着後の「夜」19時から、

<夕食兼結団式>

 と入っていた。

続きはソース
https://news.yahoo.co.jp/articles/8631a60a999b1ae04e7b63bde18426e51be91650?page=1

【【独自入手】“エッフェル姉さん 3泊5日のうち”研修は実質3時間 公文書から明らかになったパリでの空白の1日】の続きを読む



(出典 www.persol-mk.co.jp)
派遣の時給1510円 5年前より144円増加…厚労省「処遇改善が進んだ」
1 ばーど ★ :2023/11/26(日) 07:53:51.06 ID:mPpzq3Q49
 厚生労働省が24日発表した2022年の派遣労働者実態調査によると、平均賃金は時給換算で1510円だった。

 賃上げ機運の高まりや同一労働同一賃金の取り組みが進み、17年の前回調査に比べ144円増加した。厚労省担当者は「処遇改善が進んだ」とみている。

 賃金への評価では「満足している」が41.1%で、「満足していない」の38.0%を上回った。満足している割合は前回調査比6.9ポイント増え、逆転した格好だ。現在の派遣業務を複数回答で尋ねたところ、「一般事務」が35.2%と最も多く、次いで「物の製造」が19.1%、「その他」が14.6%だった。 

時事通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/4b224bf956794560c38b5aad2a9142423f3accd3
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1700869595/

【派遣の時給1510円 5年前より144円増加…厚労省「処遇改善が進んだ」】の続きを読む

このページのトップヘ