(出典 i.daily.jp)
星野源さん「ネットの噂は事実無根」、暴露系インフルエンサーの「W不倫情報」投稿、名指ししなくても名誉毀損になる?
1 少考さん ★ :2024/05/24(金) 06:55:13.59 ID:yqwYelRU9
シンガーソングライターで俳優の星野源さんが所属する芸能事務所「アミューズ」の法務部は5月23日、インフルエンサーの「滝沢ガレソ」氏のX投稿について「虚偽の情報の拡散、発信には法的措置を検討いたします」との考えを緊急表明した。

滝沢氏の投稿は、星野さんを想起させるような内容と言えるものだったが、星野さんを直接名指しはしていなかった。このような投稿は、名誉毀損などの法的問題はあるのだろうか。弁護士が解説する。
(略)
アミューズ法務部はまた「当社所属アーティストを名指しし、あるいは名指ししなくても、当社所属アーティストであることが分かるような情報を示して虚偽の事実を摘示、投稿することは名誉毀損その他の違法行為に当たります」としている。

名前を出さなくても、特定の人物であることがわかるかたちで「不倫の事実」などを指摘するような投稿をすると、法的責任を問われることがあるのだろうか。インターネットの問題にくわしい清水陽平弁護士に聞いた。

⚫︎【弁護士の見解】星野さんへの名誉毀損が成立する余地はある

——滝沢ガレソ氏の投稿は、星野さんに対する名誉毀損などの違法行為にあたると考えられますか

名誉毀損などがあると評価できる前提として、誰のことを指しているかがわかる必要があります。だからと言って、名指しがあることが必須というわけではありません。

この点は、一般的に「同定可能性」の問題とされていて、「石に泳ぐ魚事件」の東京地裁判決(平成11年6月22日)および同事件の最高裁判決(平成14年9月24日)が参考になります。

判決では、その人の属性のいくつかを知る人から誰のことであるかを認識できるのであれば「同定可能性」があるとされています。

今回の件でも、「超有名女優とドラマ共演して電撃結婚した男性歌手」とかなりの情報量があり、その属性から誰のことを指すと認識することは容易です。それゆえこれだけ話題になったわけです。

そして、内容的にも不倫をしているというものであり、名誉毀損にあたる余地は十分あるといえるでしょう。

——「所属事務所が10億円を払って記事をもみ消した」という投稿内容から、アミューズへの名誉毀損なども成立するでしょうか

名誉毀損といえるには、社会的評価の低下があるといえる必要があります。

記事を「もみ消す」という言葉のイメージはあまり良くないとはいえるでしょうが、これが違法・不当な行為であるということは難しいのではないかと思います。

そのため、社会的評価の低下があるとまで評価されるかは疑義があり、名誉毀損等が成立するということは少々難しい印象です。

※全文はソースで。
弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/c_18/n_17589/

【【芸能】星野源さん「ネットの噂は事実無根」、暴露系インフルエンサーの「W不倫情報」投稿、名指ししなくても名誉毀損になる?】の続きを読む



(出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)
広末涼子が鳥羽周作シェフと二人っきりで「埼玉の蕎麦屋デート」
1 ひかり ★ :2024/05/23(木) 20:42:38.30 ID:6ixtPznn9
埼玉県内の隠れ家的な蕎麦屋で談笑する一組の男女。日本中の注目を集める二人だが、変装しているような気配はない。世間を大いに騒がせたW不倫報道から約1年が経ったこの日、二人きりのデートを楽しんでいたのは女優の広末涼子(43)と料理人の鳥羽周作氏(46)である。

5月中旬の昼下がり、蕎麦屋で1時間ほどデートを楽しんだ二人は、一緒の車に乗って店を去って行った。

「広末は昨年6月に鳥羽氏とのW不倫が『週刊文春』によって報じられ、7月には夫だったキャンドル・ジュン氏(50)との離婚を発表。騒動以降、芸能活動は休止していましたが、今年2月に独立して新たに個人事務所を設立し、4月には離婚後初めて公の場に姿を見せました。今後、女優として本格復帰を目指していくのでしょう」(スポーツ紙芸能担当記者)

芸能活動を再開していくなか、鳥羽氏との交際は破局するどころかむしろ深まっていたようだ。鳥羽氏の知人が語る。

「鳥羽と関係を続けるにあたって、広末さんにとっての最大のネックが3人の子供たちでした。不倫報道が出た時期は、広末さんの子供たちと鳥羽との仲はあまりよくなかった。ただ、最近になって子供たちが鳥羽に懐くようになったそうです。広末さんとしては、一番気がかりだった問題を解消できたんですね。これによって、二人は心置きなく会えるようになったのでしょう。最近の鳥羽はsioの代表取締役に復帰したり、自身がプロデュースする新店を新スポット『ハラカド』にオープンさせたりと、仕事も広末さんとの関係も順調です」

互いの離婚を経て、現在も交際関係が続いていることは確かなようだ。本誌が目撃した蕎麦屋デートについて、都内で広末本人に直撃した――。5月24日発売の『FRIDAY 6月7・14日号』では、二人の蕎麦屋デートの様子や広末が直撃取材に語った内容を詳報。有料版『FRIDAY GOLD』では、広末と鳥羽氏のデート写真を掲載している。
FRIDAYデジタル

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e06e6f1cb9e9b5e894ef5e14b0bdd2110016063

(出典 i.imgur.com)

【【独占スクープ!】広末涼子が鳥羽周作シェフと二人っきりで「埼玉の蕎麦屋デート」】の続きを読む



(出典 encount.press)
星野源、所属事務所が警鐘 「名誉毀損の書き込みのリポストも違法」「誹謗中傷を繰り返す行為は『つきまとい行為』に該当」
1 冬月記者 ★ :2024/05/24(金) 00:37:24.31 ID:yHctupmT9
 シンガー・ソングライターで俳優の星野源が23日、一部インフルエンサーがXで書いた書き込みについて、声明を発表した。

 所属事務所アミューズの法務部が、この日、以下のようにコメントした。

「滝沢ガレソ氏によるXでの投稿に関連して、アミューズ所属の星野源の名前を挙げての憶測が拡散され当社にも多くのお問合せが寄せられています。

星野源において当該投稿にある事実は一切なく、また当社が記事をもみ消した事実も一切ありません。

虚偽の情報の拡散、発信には法的措置を検討いたします。
- -
滝沢ガレソ氏の投稿に関して

滝沢ガレソ氏による『超有名女優とドラマ共演して電撃結婚した男性歌手がNHKアナウンサーと不倫をしており、その男性歌手の所属事務所が10億円を払って記事をもみ消した』との趣旨のXでの投稿は当社所属の星野源のことを言っているのではないか、との指摘がインターネット上で出ており、また当社にも多くのお問合わせが寄せられています。

しかし、星野源に関してそのような事実は一切ありません。

また、当社が記事をもみ消したという事実も一切ありません。

当社所属アーティストを名指しし、あるいは名指ししなくても、当社所属アーティストであることが分かるような情報を示して虚偽の事実を摘示、投稿することは名誉毀損その他の違法行為に当たります。また、SNSなどを通じたアーティストに対する誹謗中傷などの違法な投稿、コメント、ダイレクトメッセージ等については、随時、証拠保全をおこなっています。

名誉毀損などの違法行為については、当社あるいは当該アーティストにて、法的措置を含む対応を検討いたします。

皆様におかれましては、憶測や虚偽の投稿にくれぐれもお気を付けください。

株式会社アミューズ 法務部」

当該書き込みは、星野および新垣とは直接的に言及していないものの、2人と分かるような情報を示していることを重く問題視した。

星野はアミューズの対応を受け、インスタグラムのストーリーズを更新。アミューズの投稿をスクリーンショットして「上記の投稿のように、いまSNSやインターネット上などで噂されている件に事実は一切ありません。事実無根です」と記した。

また新垣もXの概要欄を更新。「火のないところに煙が立っているようですが、いま騒がれ噂されている件に事実はひとつもありません。心配してくださっている皆様、ご心配なく」と夫に呼応した。


アミューズはその後、再び更新。当該書き込みをリポストしないように呼びかけた。以下、全文。

「当社とは無関係の名誉毀損事件についてですが、東京高等裁判所が、2022年11月10日、名誉毀損ツイートをリツイート(現在の『リポスト』)することがその事案においては違法であるとの判決を出しました。

つまり、SNSのご利用に際しては、名誉毀損ツイートをリツイート(現在の『リポスト』)することにより法的責任が発生することもあるということについてもご認識いただく必要があるといえます。

また、名誉毀損になりえることとは別に、SNSへの書込みやDMで誹謗中傷を繰り返す行為は迷惑防止条例で定められる『つきまとい行為』に該当する場合もあります。この迷惑防止条例違反は、罰則もある犯罪行為です。」

https://news.yahoo.co.jp/articles/adf57bfdc02df3b693004e58940f4e27f311ed24

【【芸能】星野源、所属事務所が警鐘 「名誉毀損の書き込みのリポストも違法」「誹謗中傷を繰り返す行為は『つきまとい行為』に該当」】の続きを読む

このページのトップヘ