浜崎あゆみ FNS歌謡祭で「Who...」熱唱も…またもや“別人疑惑” 
1 ネギうどん ★ :2022/12/09(金) 12:40:10.75ID:xrpkOZLT9
 12月7日に放送された「FNS歌謡祭 第1夜」に出演した歌手の浜崎あゆみ(44)が、とんだ“災難”だ。
 この日の午後10時台に登場した浜崎は、「appears」と「Who...」を披露。特に「Who...」に関しては自身テレビ初披露とあって、出演後には「歌番組初歌唱となった『Who...』、いかがでしたでしょうか?」とツイートする気合の入れようだったが、それとは裏腹に、放送を見た視聴者から《FNS歌謡祭の浜崎あゆみ、顔も声も歌い方も完全に別人だったんだけど、一体誰だったんだ??》といった声が上がってしまっているのだ。
 浜崎は出演中、共に1999年発表の2曲を高音部分も含め涼やかに歌い上げたが、同様の声は多く、《浜崎あゆみ こんな顔だった??? 目元違いすぎて別人がカバーして歌うのかと思った、、、発声の仕方も変わったのね》《浜崎あゆみの顔が全くアップにならないんだけど。別人に見えてしかたない。いったい誰なの?そっくりさん?》といった、本人の見た目や歌い方がこれまでのテレビ出演の際と違うとの違和感を覚えたとする声や、カメラワークが不自然だったとする声が相次いだ。
 浜崎をめぐっては昨年のFNS歌謡祭でも、歌い方や見た目に違和感を覚えたとするファンから「別人疑惑」が噴出していたが、浜崎あゆみに詳しい週刊誌記者は与太話の類としつつ、浜崎のコンサートに足を運んだファンから聞いた話を明かす。
「実は4、5年前から、浜崎が自身の全盛期に歌っていた楽曲をコンサートで披露した際に、『他の誰かが歌っているのではないか?』といった、ゴーストシンガーの存在を疑ったとするファンの声をチラホラ耳にします。もちろん、FNS歌謡祭の浜崎が別人ということはないでしょうが……」
 中には《浜崎あゆみが、影武者だと思ったの私だけじゃなくて良かった…》と、「影武者」に見えたなんて声や、《まさにwho?》と、曲のタイトルに引っ掛けた声も上がっているが、本人の歌い方や見た目をめぐって「別人かも」なんて疑惑が出てしまうこと自体が、浜崎に対する世間の人々のアンテナの感度の良さを表しているのかも。
■全盛期には「偽あゆ」出現情報も
 なお、浜崎をめぐっては、デビュー年の1998年から2000年代前半にかけて、「偽あゆ」と呼ばれる浜崎に扮した偽物が街を闊歩しているとの「都市伝説」が流れていた。証言に共通しているのは、「スタッフらしき人々を大名行列のように従えていた」「『あゆねぇ、あゆねぇ』と、若い頃の本人の口調を真似ていた」といった点だった。
 また、かつてフジテレビ系で放送されていた歌番組「HEY!HEY!HEY!」で浜崎本人が、偽あゆがドン・キホーテに入っていくのを見たと明かすなど、浜崎には偽者がいるというのが人々の「通説」となっていた時期があった。そんな日々があったこともまた、テレビに映る浜崎が「別人」に見えてしまう原因の一因なのかもしれない。
https://news.yahoo.co.jp/articles/213adfe37f3a9de283bcf389c0424867bf08f4e9
【【音楽】浜崎あゆみ FNS歌謡祭で「Who...」熱唱も…またもや“別人疑惑” 「顔も声も歌い方も完全に別人」】の続きを読む


「こんなんじゃダメだ」と帰りのバスで怒声があがり…森保一と26人のサムライ「激闘16日間」舞台裏
1 数の子 ★ :2022/12/09(金) 12:03:03.81ID:TUJZBMny9
W杯本大会まで半年を切った6月。森保ジャパンは空中分解寸前だった。同月14日に行われたキリンカップ決勝で格下のチュニジアに0-3で完敗したのだ。
試合後のバスでは、誰とはなく「こんなんじゃダメだ」という怒声が上がった。
「当時の一番の課題は監督と選手のディスコミュニケーションでした。森保一(はじめ)監督(54)は選手の自主性に任せるスタイルで最低限の決め事だけ行えばよいと考えていた。しかし、海外のクラブでプレーする選手の中には、抽象的な指示に辟易している者もいました。両者の間には、大きな溝が横たわっていたのです」(サッカー協会関係者)
このままではドイツ、スペインはおろか、全敗でのグループステージ敗退も免れない状況だった。そんなチームの危機に立ちあがったのは、ベテラン陣だった。長年にわたり代表チームを取材するスポーツライターの木崎伸也氏が語る。
「9月に行われた欧州遠征ではキャプテンの吉田(麻也・34)を中心に徹底したコミュニケーションの見直しが図られました。たとえば全選手が参加してのミーティングが、連日行われた。それまではポジションが近い選手が集まって話し合いを行うことはありましたが、全体でやることはあまりありませんでした。そうして出た意見を、〝幹部〟にあたる吉田や長友(佑都・36)、遠藤(航・29)ら数名が、直接森保さんに伝えました。采配はもちろん、『より具体的な映像を見せながら細かい指示を出してほしい』といったミーティングへの要望まで話し合ったそうです」
中心選手からの直談判を受け、森保監督も選手側へ歩み寄った。効果はすぐに表れた。遠征中に行われた格上のアメリカ戦では2-0で快勝。大きなターニングポイントとなった。
そして、新生・森保ジャパンはカタールに乗り込んだ。ドイツ戦では後半から守備を3バックに変更し、快勝。森保監督のリサーチ力が光った采配だった。
「大胆な変更でしたが、これはフットサル日本代表からヒントを得たそうです。森保さんはブルーノ・ガルシア前監督(48)の講習を受けたりしています。フットサルでは複数の戦術を用意し、相手や状況に合わせて試合中に変えることは一般的。その考え方を知っていたからこそ、積極的な変更が行えたのでしょう」(木崎氏)
しかし、コスタリカ戦ではまさかの敗戦。そこで奮起したのが控え選手たちだった。スペイン戦で逆転ゴールを決めた田中碧(24)が「コスタリカに負けて、選手が色々言われているのを見て腹が立つ部分もあった」と試合後に語ったように、サブ組の士気がチームを支えたのだ。ある協会スタッフは、代表選出を懐疑的に見られていたあの選手が、ベンチメンバーの模範となっていたと明かす。
「柴崎(岳・30)は最後まで献身的でした。ランニングでは率先して先頭を走り、練習でも手を抜かない。時には使用済みのユニフォームをスタッフと一緒に運ぶなど、常にチームのために動いていた。その存在は大きかったです」
◆選手ファーストという流儀
決勝トーナメント初戦でクロアチアに敗れた森保ジャパン。試合翌日の会見で4年間について聞かれた森保監督は、「悔いはない。いまできることはすべてやれたと思う」と淡々と語った。
感情を表に出さない森保監督だが、協会関係者は苦悩する姿を垣間見てきた。
「南野(拓実・27)がリバプールにいたとき、森保監督が『世界一のチームにいる選手に、俺が何を教えられるんだ』とぼやいたことがあります。今回の代表は26人中19人が海外組。自分より経験のある選手に対して何ができるのか、最後まで悩んでいたのではないでしょうか」
そんな中で作り上げたのが、選手ファーストという考え方だった。
「考え抜いた末に、バランス感覚に優れた森保さんは、自分より実績があるのなら、選手を優先すべきと判断した。監督としては間違っているかもしれませんが、選手に気持ちよくプレーさせることを何より重視していました。よく〝チームの輪を重んじる〟と言われますが、それも選手がやりやすい環境を作るためだと思います」(サッカー専門誌ベテラン記者)
森保監督の想いと、それに応えた26人のサムライたち。「激闘の16日間」の記憶は、多くの人々の心に焼き付いた。
『FRIDAY』2022年12月23日号より
https://news.yahoo.co.jp/articles/d3681143895cdeaf88ab48c39cb56ceef1938bc8
【「こんなんじゃダメだ」と帰りのバスで怒声があがり…森保一と26人のサムライ「激闘16日間」舞台裏】の続きを読む


中居正広の最新映像がこちら
1 爆笑ゴリラ ★ :2022/12/09(金) 11:35:06.35ID:GwNRUgjy9
 「中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2022」に出演する(左から)山崎弘也(アンタッチャブル)徳光和夫、佐藤隆太、永島優美アナウンサー(C)フジテレビ
 年内の休養を発表しているタレントの中居正広(50)が、11日放送のフジテレビ「中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞」(午後7・00)に、VTR出演する。「一年の締めくくりは珍プレー、そしてプロ野球でお楽しみください」とメッセージを寄せている。
 2015年から中居の冠がついた人気番組で、今年で40周年の節目。放送は局の公式サイトで発表されていたが、中居の出演については明かされていなかった。関係者によると、中居がメッセージVTRを収録したのは11月4日に休養宣言をした直前。以前より、ほっそりとした姿ながら、笑みを浮かべ元気な声で番組をPRした。番組の収録自体は11月末に行われたという。
 中居の代わりにMCを務めるのは、かねて親交が深く野球にも造詣が深い俳優の佐藤隆太(42)に加え、徳光和夫(81)、アンタッチャブル山崎弘也(46)が担当。番組では、中居が厳選した今シーズンの好プレーのほか、過去に好プレーを見せた達人を「ゴールデン中居賞」として紹介している。
 中居は11月4日に「1カ月ほど」の休養宣言をした後、今月2日に年内の静養を発表。中居にとっても思い入れの深い番組だけに、関係者は「本人も今回の収録に参加することを強く希望していたが、体の回復を優先することになった」と明かしている。番組関係者は「誰よりもオンエアを楽しみにしているのは中居さん。番組を見て元気になっていただきたい。来年はまたMCを務めてほしい」と期待している。
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4009514b53bfb40ad603e78eabc2c009ecf9dab
【写真】VTRで出演し、笑みを浮かべて元気に番組をPRする中居正広

(出典 www.sponichi.co.jp)
【【画像】中居正広の最新映像がこちら】の続きを読む

このページのトップヘ